サマーキャンプ!

アメリカ大学のスカウトの目に止まる方法

アメリカ大学サッカー。多くのアメリカ人選手は大学のスカウトが大会に見に来て評価してもらう。いい選手、目立つ選手は多くのスカウトからラブコールがきて洗濯にも恵まれている。しかし、半数の選手は自己アピールを続けないといけない。よっぽど活躍しない限り、監督から直接声がかかるのはない場合もある。

そこでアメリカ大学ではサマーキャンプが設けられている。これは日本の制度にはなかなか見かけられないシステムでもある。

• サマーキャンプとはなんなのか?

• 誰がキャンプに参加するのか?

• どの大学がキャンプに参加するのか?

• 費用はどの位なのか?

を今回は分析していきます。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

サマーキャンプとは?

サマーキャンプとは大学が主催する一日~三日間のサッカーキャンプだ。選手は2泊3日で大学のキャンパスに泊まり、一日中、サッカーをし、大学のコーチ陣にアピールをする場所である。大学に泊まれる事もでき将来行きたい大学ならいいイメージを持てる絶好な機会。またチームで参加するのではなく個人参加がメインとなっていて、いろんな選手とサッカーができる機会でもある。さらにその大学の練習体験ができる事にもなり、大学の選手とも交流ができ、大学選びに役に立つ情報も提供し、パネルデスカッションなども設ける場合もある。

誰が参加するのか?

9th – 12th grade と要するに中学 3年生から高校3年生までが参加者対象になっており、幅広くの選手が参加している。異なる学年の参加者がいるため、スキルアップの機会としても捉えることができる。大学のコーチ陣も主催の大学のコーチだけではなく、別の大学からコーチが参加して、良い選手をスカウトにくる場合も多い。キャンプ費用も各大学により異なる場合があるが、相場は300−500ドルと行って参加しやすい設定となっている。ちなみにスタンフォード大学では 3日間のキャンプで500ドル。世界的名門とも言われるキャンパスでのサッカーを経験し、大学の練習メニューを体験できると考えれば安いと考えてもいいだろう。

https://youtu.be/RGKTZKv6fYQ

Denver 大学でのサマーキャンプの様子。参加者が多いのが印象的80~100人ほどの参加者がいる。

あるアメリカ大学サッカーの評論家によると、大学にリクルートされている選手は1−2年のコミニケーションを監督とりつつ、サマーキャンプに参加すると言われている。すでに監督に気に入られている選手がより深く評価される機会と考えてもよい。しかし、無名の選手でも監督の目に止まればいいという話。チャンスはどこでもあるという考えの方がより望ましい結果を得られることになる。

アメリカ大学プロ化が進む

問題点、グループ契約、留学生。

アメリカ大学のプロ化。アメリカ大学は今年から“プロ”リーグに正式になったことで徐々に動きが見え始めてきている。その中でも気になるのは大学側がオーガナイザーとしてスポンサーを選手に振る事がだんだんと目立ってきている。また、個人スポンサーがメインとも言われていたが、グループ契約の動きも見え始めてきてる。さらにサッカーでも多いインターナショナル(留学生)の場合はどうなるのか?という点でも今後複雑なことになってくる可能性がある。

さすが資本主義大国アメリカ!

アメリカ大学に興味ある方はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

グループ契約

UNC (ノースケロライナ大学)、はマイケルジョーダンの母校としても知られている大学は先日、大学アスリートのグループ契約を積極的に進めることを発表。

https://www.npr.org/2021/07/21/1018887697/unc-group-licensing-college-sports-players

3人グループとしてスポンサーを大学側が獲得して、選手にチャンスを与える仕組みになっている。これにより、選手は大学のユニフォームを着て、イベントなど、公表の場でスポンサー活動が可能となる。これによりSNSなどで知名度の低い選手でも大学の名前を借りてスポンサーを獲得できるようになる。しかし、これにより、Pay to Play、本格的なプロ化が進むことが懸念されている。このままでは多くの大学がリクルートのルール違反をするのではないかと、疑問を持つ人も多い。

インターナシュナルはどうなる?

アメリカ大学NCAA ではサッカーのインターナショナル生はおおよそ30%ほどと言われている。女子の場合はその半分程度と言われている。ちなみにアメリカではテニスがインターナショナルの学生が最も多い(60%ほど)らしい。この新しい“プロ”リーグで彼らは学生VISAでアメリカで学生として住んでいる。法律上、彼はらアメリカでは収入を得る事は禁じされている。そのため、彼らはスポンサー報酬の対象外となる。インターナショナルのケースが今後多くの問題を生むと想定されているそうだ。もし、法律を破り、インターナシュナルの学生が報酬をいただいた際、VISAの取り上げになる可能性もある。しかし、この新しいNCAAの法律により、法律そのものを見直す可能性がある。ここは注目すべきポイント。

https://www.insider.com/international-student-athletes-could-lose-visas-over-nil-deals-2021-7

アメリカ大学スポーツのプロ化。各選手のスポンサー契約は1000ドル〜10,000ドル(10万〜100万円)ほどの収入を見込めることができると言われている。大学リーグがプロ化する中プロ選手として活躍する学生たち、メジャーなスポーツはもちろん大きなお金が動くが、マイナーなスポーツでも個人の工夫次第。個人で勝ち取る時代。可能性は大きい。

アメリカ大学サッカーリクルーティング

どんな新し選手が入ってくるのか?

アメリカ大学シーズン2021年。今年は無事通常通り開催される予定。アメリカは徐々にコロナ前に状態に戻りつつあり、プロスポーツイベントではマスクなしの観客が目立つ様子です。日常が戻る中、多くの大学が新選手の獲得もようやく終え、新シーズンの準備を始めています。そんな中、アメリカスポーツでは新加入の選手をリクルートと呼び、このリクルーティングがどんだけうまくできたをランキングする文化があり、各大学のリクルーティングを評価します。

新し風となる選手は?

• この中からどのような選手が入ってくるのか?

• インターナショナルは多いのか?

• プロの下部組織が多いのか?

などなどを分析していきます。

https://www.topdrawersoccer.com/club-soccer-articles/2021-mens-recruiting-rankings:-june_aid49576

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

リクルーティング成功TOP3(男子D1)

1) Wake forest ウエイクフォーレスト大学

2) Portland ポートランド大学

3) North Carolina ノースケロライナ大学

以上がTOP 3に輝きました。では判断基準はどのようなものなのか?何が成功で、何が失敗なのか?判断基準は何名TOP200の選手ランキングから獲得できたのか?何名のインターナショナルを獲得できたのか?という基準です。要するにどんだけいい選手を獲得できたでランキングが決まります。

どのような選手が来たのか?

大幅がMLSの下部組織。はやりトップの選手はここからくる流れとなっており、7割のTOPの選手は下部組織出身。けれど、「街クラブ」も負けてない。Wake Forest の半分は街クラブ出身の選手。Portlandの場合は9割MLSの下部組織。North Carolina は11人中 3名が街クラブ出身。

Wake Forest はインターナショナルを2名獲得。南米のチリ🇨🇱とイングランドから下部組織の選手らを獲得。このようにインターナショナルの影響はあるものの、はやり、MLS下部組織が主な新加入の選手。

アメリカトップリーグのNCAA D1はまだ、アメリカ人選手を主に獲得しているのが現状。今後はまだこのような動きが続くと見られる。一つ予測できるのはインターナショナルの選手の増加。今はアメリカ大学スポーツはプロリーグ。選手の人気により、個人スポンサーが付けられる時代。サッカー界でも大金を稼ぐ選手が出てくるでしょう。そしてこのチャンスをきっかけに多くの選手が世界中から集まるのではないか?

サマーリーグ!アメリカ大学特有のリーグ

大学生でも4部リーグのチームに所属できる?

アメリカ大学サッカーリーグ。シーズンが短いと指摘されるリーグだが、一方を見てみるといいところもある。それがサマーリーグ。およそ5月から7月ごろまで行われるアメリカサッカーリーグの4部にあたるリーグに学生が参加できる、という仕組みがある。そして現在4部リーグは一つのリーグだけではなく、少なくとも3つのリーグが存在している。

サマータイム!

• どのようなリーグがあるのか?

• レベルはどうなのか?

• どのようにしたら参加できるのか?

• チームにはどのように参加できるのか?

• チームに参加する点に当たったて気をつけないといけないところは?

などなど、

サマーリーグの特徴、参加方法などを紹介していきます。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

3つの4部リーグ(USL 2, NPSL, UPSL)

USL 2、元PDL(Premier Development League) と呼ばれていたリーグで、最も知名度が高い4部リーグ。全米の各地域にリーグを抱えており、各リーグの優勝チームがプレーオフで全米チャンピオンを決める。合計84チームで形成されており、多くのチームが大学生を全米から積極的に獲得し、寮など提供し、よりプロフェッショナル的なアプローチをとって選手を獲得している。またUSL Championship, USL 1 とピラミッド式となっており、多くのプロ選手はここのリーグを経験してプロになっている。NCAAのトップ選手も多く所属しており、自分のレベルを試す良い機会となっている。

https://www.uslleaguetwo.com/

どんな環境なのか?意外とプロ意識が高い!?

https://youtu.be/ZWYsndeNKa4

NPSL (National Premier Soccer League)

2003年からスタートした4部リーグ。地位域にフォーカスを当てたリーグで着々と成長をしてきたリーグ。92チームと規模的にも大きくなっているリーグでもある。多くの大学生や大学を卒業した選手が居場所を求め、NPSLのチームに所属する選手が多い。正式にはアマチュアリーグであるが、資金の多いチームにはプロ選手もいると言われている。大学生はアマチュア選手のため、チームからは給料をいただくことはできないが、寮を提供してくれるチームも多い。US Open、アメリカの天皇杯版にも出場権があり、プロチームと戦えるチャンスもある。チームによってはアメリカ大学のトップ選手を獲得するチーム多く、レベルは決して低くない。

https://www.npsl.com/

ファンも多いNPSL。地域密着と低コストのリーグ参入費でますます人気!

https://youtu.be/7Hloq7O4i40

UPSL (United Premier Soccer League)

こちらも4部リーグにあたります。アメリカサッカーでは無駄にプレミアをつけたがることがあり、どのリーグもプレミアという名前がついてます。2011年に始まったアマチュアリーグ。チーム数は300チーム以上あり、シーズンも春と秋があり、1年間を通してプレーできるリーグで、学生選手のみではなく、アマチュア選手が活躍できる居場所として、高いレベルでのサッカーができる環境。UPSL内でも2部リーグ、女子リーグ、そして、ユースリーグもあり、アメリカサッカーリーグの多様性に貢献している。

リーグのレベルはどうなのか?

https://youtu.be/ohgOuEZ8Zgw

サマーリーグの欠点:

サマーリーグは3ヶ月ほどで非常に短いと考えられる。チームメンバーも毎回練習に集まらないなど、チームの雰囲気や試合のスピードレベルがグラる時が多い。また、車がないと交通手段に選択肢が少ないため、大学のチームメイトの車と一緒にチームに参加しない限り、チームの合流は難しい。

チーム参加方法:

多くの選手は大学の監督の紹介でチームに入る。大学の監督サッカー界の繋がりが多いため、サマーリーグのチームに紹介してくれる場合が多い。また、多くのチームがトライアウトを毎年行なっており、そこからチームの入団も認められる。また、多くのチームに直接コンタクトを取って、個人で練習参加してチームに入団を認められる場合も多いです。アメリカは日本と違っていつでもいい選手なら受け入れる考えを持っており、比較的、アマチュアチームの入団の壁は低いです。

サマーリーグは自分の実力を試せる最高の場所、いろんなレベルの選手とプレーできるチャンスでもあり、多くの日本人選手も積極的に参加している。大学レベルで大きな活躍を残せている選手はスカウトの誘いがあるが、まだ無名の選手は積極的に自分でチームに連絡してプレーの機会を求めるのが必要!

NCAAプロ化に決定!

アメリカ大学はプロスポーツ化へ!

アメリカ大学スポーツ。アマチュアとして最高峰の舞台がいよいよ「プロ化」へ、先日、正式的に発表されました。アメリカ大学で数億円のお金が動くスポーツ、主に男子バスケとアメフト選手が大きな利益を得ることになるが、この動きは今後興味深くみる必要がある。この「プロ化」は一体どういうことなのか?選手は大学から給料をもらえるのか?具体的な部分を今回のブログで解説していきます。

個人で稼げるプロ大学スポーツ!

どうやって選手は儲けるのか? NIL ってなに?

プロ化といっても選手は直接大学から給料をいただくことではありません。すでにアメリカ大学はスカラーシップ制度があるので、学費や寮費の免除があります。今回の「プロ化」はこのNILによる営利目的の許可がおりたことです。NILとは?Name, Image, Likenessの略となります。つまりこれは選手のイメージを売る、要するに宣伝で選手のイメージを利用して物やサービスを売り、選手にも利益が入るような仕組みとなっております。

例:

1)スターバスケ選手が花火大会でサイン会を開く。あるアメリカ1部大学のバスケ選手が地域の花火大会でサイン会を開くことがニュースになりました。これにより、選手はなんだかの出演料をいただくことができます。

2)Tick-Tok で数百万人のフォロワーがいる女子バスケの双子選手はアメリカの携帯会社とスポンサー契約を発表。その契約金額は公開されてないが、大きな金額と噂されている(1000万円程度)。

このように、選手の認知度や人気により、収入の差はもちろん出てきます。また人気スポーツとマイナースポーツでも「格差」は今後出てきます。そしてSNSを活発に利用している選手なども大きな利益を得ることが考えられます。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

プロコンサルの出現。

ではどのように選手はどのように大きな宣伝契約を勝ち取るのか?これはコンサルや代理人の会社が参入すると言われてます。複雑な契約、より良い条件で契約を結ぶために弁護士など、専門的な方のサポートが今後入ることになるでしょう。

大学のリクルートへの影響。

特にバスケとアメフトは大金を得られるチャンスは大きい。そのため、今後大学の選手獲得の手段にも注目。より良い条件で大学の活躍から得られる資金を増やすために各大学は動き出すでしょう。そのため、これらの人気スポーツでは選手の獲得が激しくなり、より高い金額を得れるチャンスを作るために様々な工夫を行うでしょう。

サッカーはどうなるのか?

バスケとアメフトにはまだまだ衰えているアメリカ大学サッカー。「一兆円」の金額が動くアメリカ大学バスケ。サッカーはやはりまだマイナースポーツとみていいだろう。そのため、大きな金額が発生するかは選手次第。SNSを利用し、多くのフォロワーを獲得している選手は得られる物が大きい。さらにサッカーが人気な地域に行くと可能性は広がる。アマチュアからセミプロを超えて新たな領域に入ったアメリカ大学スポーツ。今後の動きが気になる。

アメリカ大学短期サッカー最優秀選手は誰だ?

All-Americanになった選手は?

全米最優秀選手。通称ALL-American。アメリカ短期大学でそのシーズン最も評価された選手が選ばれるリスト。1st, 2nd, 3rd チームと三つのチームに分けられている。日本でいうと全日本大学選抜と似たような選抜チームだ。実際チームとしては活動はしないが、シーズン終わりの見栄よとして多くの選手が誇りを持って受賞している。

徐々にアメリカ人がいなくなるアメリカ大学サッカー!?

今年も選手が選ばれたが、

• どの選手が選ばれたのか?

• 海外の選手中心なのか?

• 日本人は選ばれ他のか?

などを分析していきます。今回は短期の1部Division One の1stチームのみを見ていきます!

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

NJCAA Division 1 All – American

https://njcaa.org/sports/msoc/2020-21/div1/all-americans/index

MF

Giorgio Probo

Iowa Western

F

イタリア出身の1回生は、今シーズン3ゴールと6アシストで大きくIOWA Western の準優勝に貢献。

https://www.goreivers.com/sports/msoc/2020-21/bios/probo_giorgio_cysc

F

Tucker Fenton

Yavapai (AZ)

アメリカ人の大型FW。今シーズンは7点と3アシストでチームに大きなインパクトを残した。

https://www.accac.org/sports/msoc/2020-21/players/tuckerfentonxyii

F

Levonte Johnson

Salt Lake (UT)

ゴールは2ゴールとあまりインパクトがなかったFWの選手。カナダ出身。

https://slccbruins.com/sports/mens-soccer/roster/levonte-johnson/1863

F

Felipe D’Agostini

Barton (KS)

ブラジル出身のFW14点とブラジル人ながらに爆発的な得点力を持つ選手。

https://www.bartonsports.com/sports/msoc/2020-21/bios/d-agostini_felipe_h6gr

MF

Plusnin Oliver

Tyler (TX)

オーストラリ出身のMF。ゴールとアシストに安定な数字でチームに貢献。

https://youtu.be/NkH9BHv0Y7A

F

Gabriel Campora

Coastal Bend

メキシコ出身のFW。9ゴールと8アシストとチームのエースとして活躍!

https://cbc.prestosports.com/sports/msoc/2020-21/bios/campora_gabriel_qdn9

https://youtu.be/f1CI9lZf5yw

MF

Samuel Owusu

Salt Lake (UT)

イタリア出身のMF。早い、強い、うまいが似合う選手!

https://slccbruins.com/sports/mens-soccer/roster/samuel-owusu/1842

https://youtu.be/yuBB1bXtLSQ

D

Mohamed Ouaad

Daytona State (FL)

アフリカのアルジェリア出身。長い足で圧倒的なDF能力の持ち主。

https://youtu.be/7m0D3QktzUw

https://dscfalcons.com/sports/msoc/2020-21/bios/ouaad_mohamed_1wka

Euwin Stevens

LSU Eunice (LA)

南アフリカ出身の大型DF。空中戦に強く、頭でゴールができるDF。

https://athletics.lsue.edu/sports/mens-soccer/roster/euwin-stevens/1952

https://youtu.be/lgkAC81-3Uo

D

Paul Richnow

Salt Lake (UT)

ニュージーランド出身のDF。全米優勝の立役者として活躍。安定したロングフィードが持ち味。

https://youtu.be/FYZkZUb60Zs

GK

Patrick Millard

Iowa Western

おそらくイギリス出身のGK。ネットにあまり情報がない選手。

準優勝までにチームを支えてきた実力者には間違えない。

見ての通り、All-American 1st teamにはアメリカ人は一人とアメリカ大学サッカーの国際化は加速していると考えていい。その中で今年度は日本人が選ばれてないことも現状だ。世界との競争が体験できる。まさに世界と戦うという意味で今のアメリカ大学は面白い!

アメリカ人がプロサッカー選手になる物語。

アメリカ人Youtuberから学ぶ!

プロサッカー選手。アメリカ人選手でもこの夢に向かっている選手は多い。プロサッカー選手になるということはお金持ちになれるからなるということではなく、多くの選手がサッカーが純粋に好きだからサッカー選手になる、プロ選手になるという目的を持っていると思う。もっと言えば、ただサッカーを続けたいという気持ちが強いだけかもしれない。そしてそのレベルがただプロだったというケースも多い。

お金のためにサッカー選手になるの?

今回はアメリカ人サッカー選手のプロへの道のり、プロになる様々な人のストーリーをyoutubeで紹介している方をご紹介します。多くのプロ選手の道のりが聞けるチャンスでもある。そしてここからアメリカにいる日本人選手がヒントを得る大きなチャンスだと思います。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

Matthew Sheldon:

マシュー(マット)シェレドン、28歳。プロサッカー選手。彼のYoutube チンネル Become Elite は現在43万人の登録者がおり、サッカーのスキル動画やプロサッカー選手の日常動画を上げてます。

大人気YouTuber日本とは違う心がこもったYoutube https://youtu.be/JRbfS1L9ErQ

エリートではなかったマット。

マットは決してエリートなサッカー人生を歩んでこなかった。高校世代でも日本でいうBチーム主にプレー、高校3年生の時には4大の大学からオファーも届き、UC Davis というD1の大学4年間プレーし、特別な才能の持ち主ではなかったが、努力家と純粋なサッカー愛の持ち主だ。

大学卒業後

当時のPDLアメリカ4部リーグに当たるサマーリーグでプレーする機会を求める。2014~2016年まで、4部で過ごす。その後はドイツに渡り、ヨーロッパでプロ契約のチャンスを求める。ドイツでは6部のセミプロチーム経験を積み、2016年には念願のプロ契約をUSL(アメリカ2部)勝ち取る。Orange County Bluesでプロ一年目を過ごす。翌年はUSL内で移籍、St.Louis でプレー。2018年にはニュージーランドのアマチュアチームに移籍。2019年には再び、USLに戻り、現在所属している、FC Tulsa でプレー。

プロになるまでの道のり:

世界のサッカー選手の半分の給料は10万以下?なぜMattが人気なのか、それは彼の人間性、彼の性格の良さだと考えられます。彼はサッカー選手として、自分の夢を追って、多くの青年に勇気を与えてます。長年貧乏くらしをして、時には食べるお金もない、一部屋に6人など、たくさんの苦労をしてきたことをYoutubeでシェアしている。一般の方は大成功を収めた選手しか目に入らないが、Mattは多くのサッカー選手のストーリーをシェアしている。

プロになったMattさんhttps://youtu.be/aAkjVB-I5XU

日本人選手が彼から何を学べるか?まずはPatience忍耐力でしょう。大学卒業後すぐプロになる選手が多いが、長年アマチュアで苦労する選手も多い。このような選手はあまり表に出てくるような選手ではない。プロになる夢を諦めない限り、可能性はいつでもある。諦めない心、これは彼から十分学べるのではないでしょうか?

アメリカ短期大学チャンピオン

D1&D2のチャンピオンはどこだ?

アメリカ短期大学サッカー全米大会。今年は、2020年度としての大会。NCAA division One はマーシャル大学が優勝、division two は全米大会を行わない方針の中、短期大学は通常通り全米大会を開催。アメリカ短期大学Division one はSalt Lake Community College が優勝。Division two はSoutheastern Community collegeが優勝。ここで一つ補足として、短期大学の全米トーナメントは西海岸のワシント、オレゴン、カルフォルニア州を除いた大会。西海岸は独自のリーグを設けており、各リーグでチャンピオンを決めている。

チャンピオンはどこだ?

NJCAA Division Two

Southeastern Community college 3 – 2 CBBC Essex

NJCAA Divison One

Salt Lake Community College 2 – 1 Iowa Western Community College

今回は各division のチャンピオンのチームを分析、どのような選手がいるのか?どんな大学なのかを探っていきます。

アメリカ大学サッカー留学に興味ある方はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

Division Two champion: Southearstern Community College.

アメリカアイオア州にある短期大学。室内フェールドや施設的に恵まれている短期大学。田舎の中にある大学であるため生活費も抑えられる。

立派な施設:https://youtu.be/lEFOFBZyTD8

ロスター:

インターナショナルのトレンドはこの大学でも現れている。アメリカ人が誰一人もいないチーム。日本人はもちろん、ブラジル、フランス、オーストラリア、世界中から積極的に選手を集めている。その結果、今年初めて全米優勝を勝ち取る!Divison twoと一つリーグのランクは下がったものの、目ごとに初優勝を成し遂げた!

https://www.sccblackhawks.com/sports/msoc/2020-21/roster

スーパーインターナショナルチームは一体どんなサッカーをしているのか?

気になる方はこちらをチェック!https://youtu.be/6z6FohjmzQY

Division One Champion: Salt Lake Community College

アメリカユタ州になる短期大学。およそ6万人が通う大きな短期大学。女子のサッカー部も強化しており、今年は準優勝を収める。監督が男女ともに一人で監督を務めており、ユタ州のユースサッカーにも大きく貢献している、人格者の評判が高い人だ。

ロスター

こちらもインターナショナルの選手がお多いがユタ州や他の州のアメリカ人もしっかり確保できている。日本人を始め、韓国、ジャマイカ、南米など、インターの選手も積極的に確保。アメリカからも他の州から選手を獲得している点を見れば、監督がどれだけ、時間をかけて選手を選んでるかが予想される。

https://slccbruins.com/sports/mens-soccer/roster

アメリカ短期大学のチャンピオンのレベルは?気になるひとはここチェク

https://youtu.be/6NkBxx30Zlk

2020年度シーズンの終わりを迎えたアメリカ大学シーズン。来シーズンは通常通り秋からのシーズンが再開予定。ワクチン接種も進んでいるアメリカでは、大きなスポーツイベントの観客制限がないイベントも増えており、徐々に日常を取り戻している。今後も大勢のサッカー選手がアメリカでチャンスを求めやってくる、そして日本人選手もアメリカ大学で英語とサッカーの両立を目指し、チャレンジしていくだろう。

アメリカ大学短期全米トーナメント2020年!

新リーグでの強豪はどこだ?

2020シーズンは今年2021年の春に行われた。今年から全米短期大学は新たなリーグを形成。NJCAA Division 2。以前は1部と3部のみ。1部にはスカラーシップ制度があり、授業料免除制度があり、3部にはそのような制度がなかった。2部はスカラーシップ制度があるものの、1部よりはお金少ない。また、元々1部に所属していてたチームなどが大学の予算を理由に2部に所属し始めたということになる。その中2部はまだチャンスがいっぱいあるリーグ。そのリーグが現在全米トーナメントを行っている。今日はその中でどのチームが強いのか?どんな選手がいるのか?アメリカ短期大学の強豪にはどこの国の選手が多いのか?などなど、分析していきます。

ブラジル代表?!

12チームで繰り広げるトーナメント:

以下がNJCAA2部の12チーム

*

1) Pima http://pimaaztecs.com/sports/msoc/index

8) Patrick Henry https://www.phccsports.com/mens-athletics/mens-soccer/team-roster/

12) Muskegon https://www.muskegoncc.edu/athletics/mens-soccer/

2) CBBC Essex https://ccbcessexknights.com/sports/msoc/2020-21/roster

7) Prairie State https://prairiestateathletics.com/sports/mens-soccer/roster

11) St. Charles https://www.sccathletics.com/sports/msoc/2020-21/roster

3) Heartland https://heartlandhawks.com/sports/mens-soccer/roster

6) Phoenix https://pcbearsathletics.com/sports/mens-soccer/2020-21/roster

10) Morton https://gomcpanthers.com/roster.aspx?path=msoc

4) Louisburg https://www.lchurricanes.com/sports/msoc/2020-21/roster

5) Southeastern https://www.sccblackhawks.com/sports/msoc/2020-21/roster

9) Jones https://jcbobcats.com/sports/mens-soccer/roster

(*)トーナメントランキング

各チームのホームページをご覧ください。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

アメリカ人チームは圧倒的な少数派。Jones Community college がたった一つのアメリカ人チーム。他のチームは圧倒的に外国人に傾いている。その中でもブラジル人の存在は大きい。Patrick Henry という大学はほとんどのロスターがブラジル人。また他のチームも外国人に頼るところが多い。

ブラジル代表?のPatrick Henry 大学の試合https://youtu.be/CbJW-GWjiJk

これはなぜ起きるのか?なざ多くのチームがインターナショナルの選手に片寄るのか?一つの理由はサッカーがどの層でプレーされているのか?という点だと思います。アメリカではサッカーは裕福の人のスポーツとして偏見を寄せられてます。クラブチームがメインの活動場所となっているアメリカサッカーのユース年代。もちろんプロのユースでは無償で提供している場合がほとんど、けれど、それは実力次第。そのため、クラブチームでプレーできる子はお金がある家族ということになります。裕福な家族は子供を短期大学にはいけせなく、大概はNCAA 3部リーグへと行かせてスポーツを継続させます。そのため、多くのアメリカ人選手はNCAA 3部または2部、そして、NAIAというリーグに流れます。多くの短期が外国人をとる理由はアメリカ人選手不足といっても過言ではないです。

アメリカのサッカー=お金持ちのスポーツという認識が強いです。

アメリカ大学女子サッカーの全米チャンピオン

優勝したのはどこだ?

アメリカ大学女子サッカー。世界No.1の国であるアメリカの大学リーグは世界最高峰と言っても過言ではない。男子みたいに16歳からプロで活躍する女子選手は少ない、そのため、多くの選手が必ず大学を通してプロの世界に入る。女子リーグも世界各国でも大きな発展を見せてないこともあり、大学リーグの存在は大きい。有望な選手が多く集まるアメリカ女子大学サッカー。今回は今年の決勝戦からのチームを分析し、女子サッカーのアメリカに迫ります。

フルゲーム:https://youtu.be/mtxyPGgwCJM

ハイライト:https://youtu.be/cFK07u1Bu_I

Santa Clara vs Florida State

今年はサンタ・クレア大学(カルフォルニア州)とフロリダ州大学の西vs東の対決となり、サンタ・クレア大学がPKで勝利を収めて見事に優勝。2001年以降、2度目の優勝を収めたサンタ・クレアと準優勝に止まったフロリダ州大学。どんな大学なのか?どんな選手がいるのか?どなど、分析をしていきます。

Santa Clara University

カルフォルニア州のサンフランシスコ周辺にある、私立の大学。年間の費用はなんと700万ほど。4年間で3000万近くの金額のかかる大学。こちらの大学はお金持ちが通う大学として評判があり、一般の方には入学しにくい大学とされてます。

https://youtu.be/ac3GOUKTiJ4

ロスター

JFAアカデミーから日本人が一人、イスライルから一人、カナダから一人、他はアメリカ人。アメリカ人選手は主に西海岸出身。アメリカの強さを物語っているロスター。監督ももちろんアメリカ人。35年ほど監督を務める、名称でもある。

https://www.santaclarabroncos.com/sports/w-soccer/2020-21/roster

Florida State University

アメリカ、フロリダ州にある国立大学。「パーテースクール」と遊びにいく大学として知られている大学。ここは学業に関してはよほど有名ではないが、スポーツ大学としても有名。入学率は50%、学費も一般的な金額で、アメリカの中でもごく一般的な大学だ。

https://youtu.be/kUPYDEm7yNk

ロスター

ここにもJFAアカデミーの日本人選手が一人、スエーデン人、アイルランド人、ジャマイカ人、中国人と、少々インターナシュナルの選手が多いロスター。しかし、主なロスターはアメリカ人。男子ほどにはインターナショナルに頼る必要もないかと思われる女子サッカー。

https://seminoles.com/sports/soccer/roster/season/2020-21/

アメリカ大学女子リーグはまだアメリカ人が主役を握っている。これは世界の女子サッカー人口が影響している。アメリカでは高校のスポーツでも男女平等にスポーツの部活を設けるという法律があり、男女平等の意識が非常に高い。そのため、多くの女性にスポーツをする機会が多く設けられている。それにくれび世界的には男女の平等性の意識はアメリカと比べ低く、女性専用のスポーツチームなどは少ないかもしれない。また日本人も両チームにおり、アメリカ大学で日本人選手の価値は高いと考えてもいいだろう。勉強もサッカーも真面目に打ち込める選手にはアメリカでは大きなチャンスが待っていると言ってもいいだろう。