アメリカ短期大学チャンピオン

D1&D2のチャンピオンはどこだ?

アメリカ短期大学サッカー全米大会。今年は、2020年度としての大会。NCAA division One はマーシャル大学が優勝、division two は全米大会を行わない方針の中、短期大学は通常通り全米大会を開催。アメリカ短期大学Division one はSalt Lake Community College が優勝。Division two はSoutheastern Community collegeが優勝。ここで一つ補足として、短期大学の全米トーナメントは西海岸のワシント、オレゴン、カルフォルニア州を除いた大会。西海岸は独自のリーグを設けており、各リーグでチャンピオンを決めている。

チャンピオンはどこだ?

NJCAA Division Two

Southeastern Community college 3 – 2 CBBC Essex

NJCAA Divison One

Salt Lake Community College 2 – 1 Iowa Western Community College

今回は各division のチャンピオンのチームを分析、どのような選手がいるのか?どんな大学なのかを探っていきます。

アメリカ大学サッカー留学に興味ある方はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

Division Two champion: Southearstern Community College.

アメリカアイオア州にある短期大学。室内フェールドや施設的に恵まれている短期大学。田舎の中にある大学であるため生活費も抑えられる。

立派な施設:https://youtu.be/lEFOFBZyTD8

ロスター:

インターナショナルのトレンドはこの大学でも現れている。アメリカ人が誰一人もいないチーム。日本人はもちろん、ブラジル、フランス、オーストラリア、世界中から積極的に選手を集めている。その結果、今年初めて全米優勝を勝ち取る!Divison twoと一つリーグのランクは下がったものの、目ごとに初優勝を成し遂げた!

https://www.sccblackhawks.com/sports/msoc/2020-21/roster

スーパーインターナショナルチームは一体どんなサッカーをしているのか?

気になる方はこちらをチェック!https://youtu.be/6z6FohjmzQY

Division One Champion: Salt Lake Community College

アメリカユタ州になる短期大学。およそ6万人が通う大きな短期大学。女子のサッカー部も強化しており、今年は準優勝を収める。監督が男女ともに一人で監督を務めており、ユタ州のユースサッカーにも大きく貢献している、人格者の評判が高い人だ。

ロスター

こちらもインターナショナルの選手がお多いがユタ州や他の州のアメリカ人もしっかり確保できている。日本人を始め、韓国、ジャマイカ、南米など、インターの選手も積極的に確保。アメリカからも他の州から選手を獲得している点を見れば、監督がどれだけ、時間をかけて選手を選んでるかが予想される。

https://slccbruins.com/sports/mens-soccer/roster

アメリカ短期大学のチャンピオンのレベルは?気になるひとはここチェク

https://youtu.be/6NkBxx30Zlk

2020年度シーズンの終わりを迎えたアメリカ大学シーズン。来シーズンは通常通り秋からのシーズンが再開予定。ワクチン接種も進んでいるアメリカでは、大きなスポーツイベントの観客制限がないイベントも増えており、徐々に日常を取り戻している。今後も大勢のサッカー選手がアメリカでチャンスを求めやってくる、そして日本人選手もアメリカ大学で英語とサッカーの両立を目指し、チャレンジしていくだろう。

アメリカ大学短期全米トーナメント2020年!

新リーグでの強豪はどこだ?

2020シーズンは今年2021年の春に行われた。今年から全米短期大学は新たなリーグを形成。NJCAA Division 2。以前は1部と3部のみ。1部にはスカラーシップ制度があり、授業料免除制度があり、3部にはそのような制度がなかった。2部はスカラーシップ制度があるものの、1部よりはお金少ない。また、元々1部に所属していてたチームなどが大学の予算を理由に2部に所属し始めたということになる。その中2部はまだチャンスがいっぱいあるリーグ。そのリーグが現在全米トーナメントを行っている。今日はその中でどのチームが強いのか?どんな選手がいるのか?アメリカ短期大学の強豪にはどこの国の選手が多いのか?などなど、分析していきます。

ブラジル代表?!

12チームで繰り広げるトーナメント:

以下がNJCAA2部の12チーム

*

1) Pima http://pimaaztecs.com/sports/msoc/index

8) Patrick Henry https://www.phccsports.com/mens-athletics/mens-soccer/team-roster/

12) Muskegon https://www.muskegoncc.edu/athletics/mens-soccer/

2) CBBC Essex https://ccbcessexknights.com/sports/msoc/2020-21/roster

7) Prairie State https://prairiestateathletics.com/sports/mens-soccer/roster

11) St. Charles https://www.sccathletics.com/sports/msoc/2020-21/roster

3) Heartland https://heartlandhawks.com/sports/mens-soccer/roster

6) Phoenix https://pcbearsathletics.com/sports/mens-soccer/2020-21/roster

10) Morton https://gomcpanthers.com/roster.aspx?path=msoc

4) Louisburg https://www.lchurricanes.com/sports/msoc/2020-21/roster

5) Southeastern https://www.sccblackhawks.com/sports/msoc/2020-21/roster

9) Jones https://jcbobcats.com/sports/mens-soccer/roster

(*)トーナメントランキング

各チームのホームページをご覧ください。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

アメリカ人チームは圧倒的な少数派。Jones Community college がたった一つのアメリカ人チーム。他のチームは圧倒的に外国人に傾いている。その中でもブラジル人の存在は大きい。Patrick Henry という大学はほとんどのロスターがブラジル人。また他のチームも外国人に頼るところが多い。

ブラジル代表?のPatrick Henry 大学の試合https://youtu.be/CbJW-GWjiJk

これはなぜ起きるのか?なざ多くのチームがインターナショナルの選手に片寄るのか?一つの理由はサッカーがどの層でプレーされているのか?という点だと思います。アメリカではサッカーは裕福の人のスポーツとして偏見を寄せられてます。クラブチームがメインの活動場所となっているアメリカサッカーのユース年代。もちろんプロのユースでは無償で提供している場合がほとんど、けれど、それは実力次第。そのため、クラブチームでプレーできる子はお金がある家族ということになります。裕福な家族は子供を短期大学にはいけせなく、大概はNCAA 3部リーグへと行かせてスポーツを継続させます。そのため、多くのアメリカ人選手はNCAA 3部または2部、そして、NAIAというリーグに流れます。多くの短期が外国人をとる理由はアメリカ人選手不足といっても過言ではないです。

アメリカのサッカー=お金持ちのスポーツという認識が強いです。

アメリカ大学女子サッカーの全米チャンピオン

優勝したのはどこだ?

アメリカ大学女子サッカー。世界No.1の国であるアメリカの大学リーグは世界最高峰と言っても過言ではない。男子みたいに16歳からプロで活躍する女子選手は少ない、そのため、多くの選手が必ず大学を通してプロの世界に入る。女子リーグも世界各国でも大きな発展を見せてないこともあり、大学リーグの存在は大きい。有望な選手が多く集まるアメリカ女子大学サッカー。今回は今年の決勝戦からのチームを分析し、女子サッカーのアメリカに迫ります。

フルゲーム:https://youtu.be/mtxyPGgwCJM

ハイライト:https://youtu.be/cFK07u1Bu_I

Santa Clara vs Florida State

今年はサンタ・クレア大学(カルフォルニア州)とフロリダ州大学の西vs東の対決となり、サンタ・クレア大学がPKで勝利を収めて見事に優勝。2001年以降、2度目の優勝を収めたサンタ・クレアと準優勝に止まったフロリダ州大学。どんな大学なのか?どんな選手がいるのか?どなど、分析をしていきます。

Santa Clara University

カルフォルニア州のサンフランシスコ周辺にある、私立の大学。年間の費用はなんと700万ほど。4年間で3000万近くの金額のかかる大学。こちらの大学はお金持ちが通う大学として評判があり、一般の方には入学しにくい大学とされてます。

https://youtu.be/ac3GOUKTiJ4

ロスター

JFAアカデミーから日本人が一人、イスライルから一人、カナダから一人、他はアメリカ人。アメリカ人選手は主に西海岸出身。アメリカの強さを物語っているロスター。監督ももちろんアメリカ人。35年ほど監督を務める、名称でもある。

https://www.santaclarabroncos.com/sports/w-soccer/2020-21/roster

Florida State University

アメリカ、フロリダ州にある国立大学。「パーテースクール」と遊びにいく大学として知られている大学。ここは学業に関してはよほど有名ではないが、スポーツ大学としても有名。入学率は50%、学費も一般的な金額で、アメリカの中でもごく一般的な大学だ。

https://youtu.be/kUPYDEm7yNk

ロスター

ここにもJFAアカデミーの日本人選手が一人、スエーデン人、アイルランド人、ジャマイカ人、中国人と、少々インターナシュナルの選手が多いロスター。しかし、主なロスターはアメリカ人。男子ほどにはインターナショナルに頼る必要もないかと思われる女子サッカー。

https://seminoles.com/sports/soccer/roster/season/2020-21/

アメリカ大学女子リーグはまだアメリカ人が主役を握っている。これは世界の女子サッカー人口が影響している。アメリカでは高校のスポーツでも男女平等にスポーツの部活を設けるという法律があり、男女平等の意識が非常に高い。そのため、多くの女性にスポーツをする機会が多く設けられている。それにくれび世界的には男女の平等性の意識はアメリカと比べ低く、女性専用のスポーツチームなどは少ないかもしれない。また日本人も両チームにおり、アメリカ大学で日本人選手の価値は高いと考えてもいいだろう。勉強もサッカーも真面目に打ち込める選手にはアメリカでは大きなチャンスが待っていると言ってもいいだろう。

2020年全米チャンピオン

Marshall初優勝!

アメリカ全米大会2020年シーズンの決勝はコロナの影響により、普段の秋シーズンから、2021年の春シーズンで行われ、先日,Marshall (マーシャル)大学がIndiana (インデアナ)大学に延長の末、ゴールデンゴールを決めたMarshallが見事に初優勝!トーナメント前はランキングにも入ってなかったMarshallが優勝を収め、アメリカ大学でも新たなトレンドが見えてきた。

決勝戦ハイライトhttps://youtu.be/j42QlnpgpFk

このトレンドは、いわゆる、助っ人外国人チーム。インターナショナルチームが年々どの大学カテゴリーで結果を残しいるアメリカ大学リーグ。このトレンドは日本人選手にもプラスとなる面、世界中から優秀な選手を集める中、競争率が上がっていくのは確実。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

今回はこのMarshall 大学を分析していく中、アメリカ大学の今後のトレンド、今後アメリカサッカーがどうなるのかを解説していきます。

アメリカチャンピオン!

監督:イギリス人の元アメリカ大学サッカー留学生。

監督のChris Grassie (クリスグラシー)はNCAA 2部のAnderson Broaddus 大学でプレー。その後、Marshallでボランテアコーチを2年間務め、その後、NCAA1部のアシスタントコーチを得て、2部のUniversity of Charleston という大学で監督を務める。6年間ここで経験を積んだ彼は、University of Charleston をベスト4に3回導き、大きな成果を残す。彼はここでも多くの留学生(インターナショナル)に期待を寄せ、確実に結果を残していった。2017年に正式にMarshallの監督に就任し、今まで、中間を争うチームを立て直し、4年間で全米チャンピオンまでに導いた監督になった。

Marshall 大学決勝のロスター

Gabriel Alves DFブラジル

*Victor Dias MF ブラジル(サンパウロアカデミー)

*Pedro Bolabella MF ブラジル(サンパウロアカデミー)

Nathan Dossantos DF カナダ

Vinicius Fernandes MFブラジル(高校はアメリカ)

Jan-Erik Leinhos DF ドイツ

***Collin Mocyunas DF アメリカ

Jamil Roberts FWイギリス

Max Schneider MFドイツ

**Oliver Semmele GK ドイツ(短期大学編入)

*サンパウロアカデミー

**短期編入

***アメリカ人

ここで目立つのがアメリカ人が一人ということと、ブラジルの名門のアカデミーからも2名選手がいること。このロスターを見ているとプロでもなかなか見れない選手の組み合わせになるのかではないかと考えられる。外国人の人数制限がない中、どんどん色々な国の選手の組み合わせが行わるれるアメリカサッカー。

NCAA 1部と2部、そして、NAIA、また短期でもインターナショナルの存在は無視できない存在となってきてる。アメリカでしか味わえないサッカー環境。世界中からサッカーだけではなく、自分への投資のため、勉強に励む多くのサッカー選手。これからどんどん加速するアメリカ大学サッカーの国際化。日本人はついていけるか?

Final 4! アメリカ大学の4強決まる!

どこが残ったのか?

アメリカ全米大会。NCAA Division 1の4強が決まった。今年は2部と3部の全米大会が中止とされ、1部のみの開催となった。2021年だが、今年の大会は2020年シーズンのチャンピオンを決める大会。コロナの状態の中、どのチームがFinal Fourに勝ち残ったのか?今回はこのFinal Fourのチームにフォーカスを当てて、解説していきます。

NCAA Final Four

東海岸寄りになった今年の大会。スタンフォードや、ワシントン、オレゴンなど、西海岸の強豪は姿をけし、残った大学は以下の通り;

Final Four NCAA Division One:

North Carolina vs Pittsburgh

Marshall vs Indiana

となりました。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

North Carolina (ノースカロライナ大学)

あのマイケル・ジョーダンの母校として、バスケで有名な大学。サッカーではさほど有名ではないが、近年、力をつけてきてる。強豪スタンフォード大学を破り、準々決勝では、同じ州にある、名門のWake Forest を破り、見事North Carolina ダービーを制し、FinalFourへと足を進める。

Wake Forest との接戦を制する!https://youtu.be/jtVbFDhY4Zs

Pittsburgh

準決勝まで、合計13点と1失点と圧倒的な強さを見せるPitt。今年は全米2位というランキングで全米大会に挑む実力派のチーム。過去にもこのブログでPittについて取り上げていますので気になる方は、「アメリカ大学サッカーランキング」を検索!外国人選手の力に頼っているチーム、今はもうすでに大きなトレンドとなっている外国人助っ人チーム。果たして、全米制覇となるのか?

Pitt のフルゲームhttps://youtu.be/M1Tk8yyz-0s

Marshall

厳しい戦いを勝ち抜き、初のFinal Fourに進出したMarshall. 今シーズンは全米10位としてランキングされており、実力のあるチーム。ナンバー1のClemsonと昨年のチャンピオンのGeorge Town を破り、実力を示す。ロスターを見ると、ブラジル人とドイツ人選手が目立つ。短期大学からの編入生も目立ち、外国人助っ人チームという印象が強い。このまま初優勝をするのか?

PK戦を制するhttps://youtu.be/NI7NLo4fqEc

Indiana

アメリカ伝統の大学チーム。全米大会の常連校としても有名。このブログでも取り上げたことのあるチームなので、気になる方は「2021年NCAAサッカー全米大会開催」を確認。Indianaは地元の選手を集め、海外選手に頼らず、強さを保ってきたチーム。アメリカンスタイルか、それとも外国選手に頼るチームが勝つのか?対決の結果が気になる!

国際化が進むアメリカ大学サッカー。移民で成り上がっている文化もあり、外国人を受け入れることはごく当たり前のこと。アメリカサッカーが勝つのか?それともインターナシュナルチームが勝つのか?見どころが沢山ある戦いとなってきます!

アメリカ大学からチャンピオンズリーグへ

アメリカ人GKの道のり

アメリカと日本。両国とも大学サッカーの環境が整っており、年々良い選手が育ち、サッカー界のトップでも活躍する選手が大学を経由しているケースも増えている。日本ではNagatomo選手が最も大学出身として有名である。アメリカでも今年、Manchester City の一員としてチャンピオンズリーグの決勝戦で戦う男がいる。

アメリカ大学からManchester City へ

Zach Steffen. 彼はアメリカ名門の University of Maryland 出身。この大学は常に全米TOP10に入る強豪校として知られている。彼れはここで2年間プレーして、大学を中退してドイツでプロになった。大学のキャリアは輝かしいもので、2年間で48試合に出場。リーグ戦のトーナメントでは最優秀賞などを獲得し、実力を示していた選手だったに違いない。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

ドイツからのスタート

https://en.wikipedia.org/wiki/SC_Freiburg

ブンデス1部の契約したSteffen選手はまずはBチームからスタート。当時Bチームはドイツの4部にあたるリーグに所属しており、ここで彼は実績をつぐ。翌年はトップチームにも戻る予定だったが、3番手となることが決定しており、アメリカに戻ることを決意。2016年シーズンはMLSのColumbus Crew に移籍、すぐさま、USLのPittsburgh Riverhounds にローンに行き、ますます実績を積む。2017年にはColumbus Crewに戻り、正ゴールキーパーを獲得。2017−2018シーズンは順調な活躍を見せ、合計80試合に出場し、代表にも呼ばれ、MLSのベストメンバーにも選ばれ、飛躍的な活躍を見せる。

ハイライト集https://youtu.be/mlTAjyYdfF8

オファー殺到

2018年にはイングランドプレミアリーグからオファーが殺到。その中からプレミアリーグの王者Manchester City から巨大なオファーを受け、移籍を決定。Columbus Crewとしてもクラブ史上最大のオファーだったという。移籍後はドイツのクラブにローン.https://en.wikipedia.org/wiki/Fortuna_D%C3%BCsseldorf ドイツのDouseldoffで活躍。ここでも高評価をいただき、大きな活躍を残し、翌年はManchester city に戻る。彼は現在、第二番手のゴールキーパーとして活躍。

Manchester City でのハイライトhttps://youtu.be/WZI_TXjDGqs

アメリカ大学からプロを目指す選手が増えている中、彼のサクセスストーリーは一つの例として捉えてもいいだろう。彼はいかなるステージ、チームでも圧倒的な成績を残し、チームの中心選手として、存在感を示してきた。結果を残すことにこだわり、今、夢を追っている選手らも励んで欲しい!

アメリカ短期大学2部ランキング!

入部できる可能性が高いリーグ!

アメリカ大学留学。年々日本でも多くの留学会社が設立されてきたことをよく目にします。これは多くの日本人高校生にとって大きなアドバンテージ。選択肢が増える、サービスの質がどんどん上がる、メリットは大きいと感じます。

どの道を選ぶのは自分次第…

一方でアメリカ大学の正しい情報が多くの高校生に伝わっているかは疑問です。表面上なことはどこも同じことを言えると思います。また、選手を送ることが商売なので、無理しても選手を送ることも今後は起きるかもしれないです。そのため、正しい情報を収集する必要があります。このブログはできるだけリアルな情報を配信して、選手、保護者に正しい判断をしてもらい、多くの面でベストな選択をして欲しい。

アメリカ大学サッカー留学に興味ある方はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/team

今回はアメリカ短期大学2部にフォーカスを当てます。

NJCAA division 2は2020年から設立された新リーグです。元々division 1 とdivision 3のみで短期リーグが全米で行われてました。しかし、経済的な理由からなのかdivision 2を今年から設立。Divison one との違いはスカーラーシップの額の違い。Division One では生活費、寮費などの免状もあるが、division 2 ではそれがないが、学費のみのスカラーシップがあります。そのため、うまい選手はどんどんdivision one へと流れると思われます。

• その中でdivision 2の強いチームはどこなのか?

• どこが伝統的なチームなのか?

• など、いろいろなチームの紹介を行います。

4月下旬時点でのTop 20 のランキング!

https://njcaa.org/sports/msoc/rankings/DI/index

ここからいくつかチームを紹介していきます。

Pima Community College:

http://pimaaztecs.com/sports/msoc/index

アリゾナ州にある、強豪短期大学。今年から2部に所属。数年前には全米優勝を経験。地元選手と海外選手のバランスがうまく取れているロスターで常に結果を残しているチーム。

https://youtu.be/RtsUKZc8juw

Georgia Military Community College:

元々は軍隊訓練専門大学。近年短期大学として一般入学もありつつ、軍隊専用の訓練コースも持っている。この大学も元々division one に所属しており、全米大会では常連校。リーグでも常に優勝という成績を残し、短期大学の中では強豪校と評判は高い。また日本人選手も多くないのが特徴。

http://www.gmcbulldogs.com/sports/msoc/index

ゲームハイライト:https://youtu.be/dB8Buwi0x8E

Muskegon Community College

https://www.muskegoncc.edu/athletics/mens-soccer/

ミシガン州にある短期大学。ロスターの多くが外国から。日本人選手は見当たらない。全米ランキングではTop20に入っており、近年力をつけて来てる。外国人選手を獲得する多くのチームは即戦力を獲得し、もっとチームをよくしたいという気持ちが見える。外国人選手を多く抱えるのは正解か不正解はわからないが、日本人がいない中、今はチャンスかもしれない。

Muskegon も元々division oneの大学:

ハイライト:https://youtu.be/Z6laC0iC348

2021年NCAAサッカー全米大会開催!

コロナ対策を備えて開催!

今年はコロナ対策を備えて、アメリカではNCAA Division Oneで全米大会が開かれる。今年は各チームの移動を制限するため、一定の地域で開催。開催される場所はNorth Carolina. この一ヶ所の開催によって各州のコロナ対策基準にも応じることができ、プラス大会を短縮して開催することが可能となる。これは男女とともにNorth Carolina で開催されるという。4月下旬から5月半ばまでくり広がれる予定。North Carolina州の大学が会場となり、戦いが繰り広がれる。

全米大会が開催!

https://www.ncaa.com/news/soccer-men/article/2021-03-25/entire-di-mens-and-womens-soccer-tournaments-be-held-north-carolina

全米大会!

https://www.ncaa.com/brackets/soccer-men/d1/2021

今年は32チームが参加。アメリカでは各地域のリーグ戦のチャンピオンが自動的に全米大会に参入。今年は16チームが自動的に参入。残りのチームはNCAA (大学協会)によって選べられる。選べられる水準はリーグの成績、どのチームを倒したのか、などシーズン中の成績で判断される。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

どこのチームが優勝候補か?

Top 4:

1) Clemson

2) Pittsburgh

3) Indiana

4) Stanford

以上がトップ4のシード校。東海岸寄りになっており、唯一Stanfordのみが西海岸の大学になっている。この中からIndiana University に少しだけ注目。

Indiana Universityはアメリカサッカー界での強豪校。伝統のあるチームの一つだ。全米優勝は過去に8回しており、アメリカ大学全米大会の常連校と知られている。近年、外国人選手に頼るチームが増える中、Indiana University のロスターを見てみると、外国人が一人。ほぼチームがIndiana州か周りの州から来ている。これは大学のリクルーテング哲学であり、地域のベストの選手を獲得するというのが彼らの成功に繋がっている。

https://iuhoosiers.com/sports/mens-soccer

ここで面白い点はIndiana UniversityはThe アメリカンサッカーの象徴である。果たしてどんなサッカーをしているのか? という考えで彼らのサッカーを見ることができる。アメリカのサッカーはどんなものなのか?どのようなスタイルでプレーするのか?など、まだ歴史が浅いアメリカサッカーの実力が見えるチャンス。このチームがどこまで全米大会で活躍できるかも見どころだと思う。

https://youtu.be/Eb8ka68EwT4

静岡学園で全国制覇したAbe選手も相手チームのMarylandで出場!

Indiana のNo.7 の選手には注目!

アメリカ大学サッカーランキング!

スプリング2021年 – Pitt University!

アメリカ大学のスプリングシーズンが始まり、シーズンもそろそろ終わりに迫っている。全米ランキングでどのチームが一位なのかを競いあう。その中、最新のランキングでは、University of Pittsburg が1位を獲得。University of Pittsburgh はアメリカ大学D1の強豪リーグACC ( Atlantic Coast Conference) でプレーしている。このリーグには、Clemson, University of Virginia, Wake Forest, など、全米優勝を争う強豪チームが多く所属しており、かなりハイレベルな戦いが行われている。

素敵な街並み

今回はこのUniversity of Pittsburgh に注目。

• どんな選手がいるのか?

• 監督はどんな人物なのか?

• どのような大学なのか?

などなど、この大学に迫って行きます。

アメリカ大学サッカー留学に興味ある方はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

どんな大学なのか?

University of Pittsburgh は国立大学。国立大学の中では19位とアメリカ大学の中では優秀な方だ。また、他のランキングでも高い評価を受けていて、学業的にも評判がいい。キャンパスも伝統的な建物が多く、広々とした、素敵な校内。

https://youtu.be/bnf6rU8IorA

どんな選手がいるのか?

https://pittsburghpanthers.com/sports/mens-soccer/roster

ロスターをご覧になると、海外の選手が7割を示す。これはアメリカ大学サッカーのトレンドとなってきている。海外から選手を獲得している大学の方がどのリーグでも成功を収めてきている。多くの選手はヨーロッパ(ドイツ、セルビア、など)また、ブラジルやメキシコ、そして一人日本人選手も所属している。この日本人選手は高校生の時からアメリカの高校に通い、大学入学を果たした。

どんな監督?どんなサッカーをしているのか?

https://youtu.be/osHkIOyIIp4

サッカー自体は決して特別なことはしていない。一つ言えることは個人の能力。アメリカ大学では、リクルーティング力(監督の)でチームの力が見えると言われている。これはどの国でも当たり前だけど、いい選手が集まるチームは強くなる。ロスターを見てても、多くの外国選手を獲得している理由が見られる。アメリカ人の選手のみに頼るのはもうできなかもしれない。

監督はJay Vidovich。アメリカ大学サッカー界では超ベテランコーチ。プレー歴は決して華やかではないが、長年、アメリカの強豪校のWake Forest で監督を務める。そして、2015年にPittの監督に就任。

https://pittsburghpanthers.com/sports/mens-soccer/roster/coaches/jay-vidovich/1820

どのようにTop 10のNCAA D1 の大学に入れるのか?Pitt の場合はPittの近くの短期に所属するのもいいかもしれない。しかし、圧倒的な実力と成績を残せば、声は必ずかかる。勝負の世界、監督も勝ちたい!そのためにベストの選手を選ぶ。これは勝負の厳しい世界。

アメリカ短期大学の汚名

アメリカ短期大学はアメリカ人からどうみられているのか?

近年、アメリカ大学への留学生は毎年増えてきている。英語、教育、スポーツという環境が年々多くの学生の関心を集めている。その中、多くの学生が短期大学からスタートする。これは英語能力の足りなさから、短期からスタートする学生が多い。

あなたは下から這い上がれるか?

多くの日本人にとってはアメリカの短期大学がどうみられているのかわからない。アメリカ人はどう短期大学を見ているのか?短期大学でアスリートとして通おう学生はどんな人が多いのか?

今日はアメリカ短期が実際どのように他のエリート学生からみられているのか、解説していきます。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

アメリカ短期大学はLast chance University ?

アメリカ短期大学のドラマ:https://youtu.be/b-YCKtBb0L4

今、NetflixではLast Chance Uというドキュメンタリー番組がある。この番組はアメリカ短期大学のバスケ部のドキュメントであり、どんな選手が短期大学に行くのか?どんな環境で彼らが暮らしているのか?選手とコーチの私生活が見える番組だ。この番組は短期の環境をリアルに映像に残し、臨場感の高い番組だ。

問題児だらけ?

アメリカの短期大学は問題児が多い。これはアメリカでは常識として理解されている。成績がよく、育ちの良い学生はアメリカ大学のエリートへ行くという認識が強い。短期大学は問題児が多く、短期で指導するのは困難な道のりだとされている。Last Chance U でも見えるように、感情をうまくコントロールできない学生が多い。けれど、指導者はそこにやりがいを感じる。この問題児らと向き合い、彼らをトップ大学へと導くのがコーチらの使命。コーチらも自分が似たような道を辿ってきたので彼らの苦しみがわかる。

NCAA D1 しか考えてない…

Last Chance U ではコーチも学生も「上」に行くことしか考えてない。NCAA D1に行くことが彼らのゴール。短期大学だけでは終わりたくない、上に絶対に行く!という強い意志が彼らに見える。そして、彼らも短期で止まっているわけではない、D1でスカラーシップを獲得して、家族に恩返ししたいという気持ちがこの番組で見える。「自分たちは一番下にいる、アホってことはわかっている、けど、必ず這い上がる」というドラマがアメリカの短期大学ではどのスポーツでもある。

スポーツは最高のドラマ!