ハーバード大学生徒20%減!

今後の大学教育のトレンド!

今回の記事は、今後アメリカの大学のトレンドがどのように進んでいくのか?を考えて行く記事です。

この記事では、

なぜ生徒が減って行くのか?

秋のスポーツシーズンはどうなって行くのか?

今後アメリカの大学のトレンドはどうなって行くのか?

などを分析していきます。

SNS:

Insta: saburo_113

FB: https://www.facebook.com/oliver.wellman.3

今年は少し寂しい大学キャンパス…

一流大学でも20%減!

2020年の秋にアメリカで大学が通常通り始まる中、多くの大学がオンライン授業を選択する中、アメリカの名門のハーバード大学が生徒数は20%減るということを発表。これは、ハーバード大学が秋のクラスをほぼオンラインで行うため、およそ300名の生徒が今年は入学を拒否するということになりました。この発表を受け、「一流大学がこのような状態になったら他の大学はどうなるのか?」という心配の声が出てきました。

https://www.forbes.com/sites/brandonbusteed/2020/08/07/20-of-harvards-first-year-class-has-deferred/

大学の多様化

このニュースを受けて、「大学に行かない生徒は何をするのか?」というテーマが生まれてきました。Gap year、と言って1年間「休学」をするのか?新たな教育機関(格安ネット大学)を使うのか?などなど、多くの疑問と心配の声が出てきました。また、大学もオンラインと対面クラスのハイブリット方式に変えるなど、工夫をしないと今後、社会の変化に対応できないことが想定されてます。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️

https://www.zero-00-zero.com

大学が安くなる?

Southern New Hampshire University、が2021年までに学費を大幅に下げる動きを示しました。

ここの大学は元々からオンライン大学としても有名で多くの生徒を獲得してきた実績を残してきた大学である。ここの大学が年間300万の対面授業代を100万円ほどに下げる動きを見せた。これは、アメリカ大学授業料問題と言ってもいいほどの社会問題の解決につながる提案でもある。「奨学金問題」はアメリカで大きな問題であり、多くの生徒が莫大の借金をせよって卒業している。300万−1000万円ほどの借金を背負う学生、月付き10万ー15万の返済に追われている多くの学生は今、大学に本当に「価値」があるのかというターニングポイントになっている。

https://youtu.be/VrpnSYLDfeM

秋のスポーツはほぼ延期

気になる秋のスポーツは、最近延期のニュースが目立つ。アメフトは何がなんでも開催する意思を見せてきたが、やはり、コロナには勝てない。アメフトの観客収入とテレビの放映権は大学にとって大きな収入源。これがなくなることによって他の部活に大きな影響が今後出てくるだろう。多くのリーグがアメフトのシーズンをキャンセルすることを発表。もちろんサッカーもそう。中にはシーズンを開催するリーグもあるが、全米大会は中止。おそらくどのスポーツも秋には活動はできないだろう。

YouTube: https://youtu.be/8_WfuNbKWmg

Final Thought:

今後アメリカの大学は明らかに大きく変わって行くと想定されてます。まずは値段。これは下がるでしょう。もう大金の授業料で多くの生徒を集めることはできなくなるでしょう。多くの生徒がコロナの影響で大学入学を拒否して、別の選択をする中で、多くの大学は授業料を下げざるを得ないくなってしまいます。これは、留学生にとっては大変嬉しニュース。もし、年間100万円の授業料(日本の授業料と変わらない金額)でアメリカ留学できれば、サッカーでスカラーシップを獲得できれば、年間50万、30万で留学できるようになるでしょう。

コーチング:No.1

迷いの解決方法

今回の記事は第一回目のコーチングの記事となります。この記事の目的はサッカー選手の体験を元に何かを成し遂げたい人たちへのヒントとなれば嬉しいと思ってます。

私のコーチングは独自の経験、ヨガの修行で得た知恵、学んだコーチング理論を融合させ、純粋な独自の考えで皆さんの役に立つことを願ってます。相談がある方は、メール、SNSからでもお問い合わせください。出来るだけ具体的に相談内容を書いてくれれば、お答えできるので、おまちしております。

SNS:

Insta: saburo_113

相談メール:oliverwellman222@gmail.com

今回は、「迷い」についてです。人生では「迷い」を感じる時期は誰でもあります。幼い頃は何も考えずに生きていられる時期です。思春期になると自分は「どうすればいいか?」と周りに合わせるので心が精一杯になってしまいます。この時期に「自分」の目指す場所をなくし、周りの意見に合わせて、安全な人生を選ぶ人も多いと思います。周りに合わせることで一時的には「迷い」から解放され、人生が安定するように感じると思います。しかし、しばらくすると、「これでいいのか?」と自分に向き合う時期がいずれかきます。「一体、俺は何をしたらいいのか?」と心の中で微かな疑いが起こります。

行く場所を定めたら人生に迷いなし。

今回の選手の話です。

相談事例:「オーストラリアに来てからコロナが起きたり開幕が延期してバイトせざる終えなくなったので、来る前に描いていた理想と現実のギャップをとても感じていた。

特にバイトをしている時、俺は何しにオーストラリアに来たんだろうと思うこともあり

目的というものを見失う時がかなり続いていて、どうすればいいんだろうっと迷う時間がかなり続いた!」

ここでの「迷い」は異国に行く「目的」を決めていたが、その目的に対する「決心」がなかっため、彼の無意識は諦める理由を探し出したと考えられます。心からやりたいこと、心から成し遂げたいことがあれば、どんだけの時間を潰てもそれを成し遂げたいと思います。そして、それには、「人生」、「命」をかける覚悟が必要です。この覚悟は常に試されます。本当にやりたいことでなければ、辞めてもいいです。これは極めてシンプルです。もしかしたら、他にも本当にやりたいことがあるかもしれません。

相談事例:「そして、オーストラリアでは日本とは違って週3.4回の練習や試合しかないため、日本のJリーグで活躍しているチームメイトの情報を聞くとかなり焦りになったりする。それは開幕がまだであるのと、彼らはサッカーだけで稼ぎ、生活をし、週6回サッカーだけに打ち込んでいるのに、俺は何してんだと考えることが多かった!」

私たちはなぜ他の人と比較してしまうのか?これは現代の我々にとって大きな問題です。他の人と比較するのは誰でも一度やほぼ毎日やってしまう「思考パターン」です。彼は自分の生活を一つの観点でしか見えてなった。他人(ライバルとの比較)観点。

違う観点から見ると、彼は異国で、夢を目指し日々頑張っている。そして、英語をマスターしたいという目的も持っている。他の人から見ると「かっこいい」人生だ。しかし、彼にはそれが見えてなかった、「少しだけ、違う角度から客観的的に自分の人生を見たら」と私は彼に伝えた。彼は「進んでない」という言葉を使った。「進んでない?どこに?」彼にはこの質問が「迷い」から解放したかもしれない。彼はこの「どこに」、ゴールの最終地が臨場感を持って見えてなかった。ゴールの臨場感が強ければ強いほど、「迷い」という現象は起きません。だって、行きたいところが確実にあるからです。そしてそのゴールを心の中で毎日経験しています。

例えば、ある学生らが4人にUSJに行きたい!と4人で計画を立てます。LINEなどで、4人のお揃いの衣装とか、何に乗るのか、想像を使ってその日の妄想をいっぱいします。彼らはその「日」を何回も経験しているのです。心の中で。そして当日、いよいよUSJの日です。しかし、電車が止まりました。「今日は無理だ」という学生は一人もいません。「車で行くぞ!」「走って行くぞ!」彼らはなんとしてでも行きます。これは、心の中から行きたいところであり、もうすでに心の中で何回も経験している現実だからです。

でもこっちで生活をしていくためにはバイトはしないといけないし、サッカーの環境やスタイルにも合わせないといけない。

そういった期間が続く中で少しずつ変化もあり、気付けることもできた。「バイトやサッカーがあることを言い訳の口実に使っているだけなんだ」「自分から見た周りの環境しか見てないんだ」ってこと。

それに自分自身に問い続け、考える時間も作れた。「オーストラリアに来た目的は何か」「今俺は何をすべきなのか」「今までの俺はどういう行動をとってしまっていたのか」

そうやって考え何かに書き出していく中で、違う目を、広い視野で物事を見ることができた。

YouTube版:https://youtu.be/-H8-1L5ilRY

Final thought:

自分の人生は自分で作ることができます。これは至ってシンプルな「法則」です。けれど、世の中には自分のやりたいことをしない人がいます。これは明らかに「他の人」のために自分の人生を生きているだけです。なぜこのように他の人のために人生を生きるのか?それは責任を取りたくないからです。責任を持って生きることは大人になることです。体が大人になっても心が子供、責任を取らない人生を生きている人が多いと感じます。ではどのようにして自分の人生を生きるのか。それは勇気を持って、素直に自分の生きたい人生を生きることです。やりたい仕事をやる、起きたい時間に起きる、仕事を一緒にしたい人とやる。それだけです。このような人生を生きる、つまり、自分らしい生き方をすることは必ず「常識」離れの人生になります。そして、自然に周りからバッシングを受けます。「なんで結婚してないのか?」「なんで就職してないの?」などなど、「周りに合わせろや!」と他の人から苦情を受けます。しかし、自分の人生を守るためには、賢くなればいいのです、周りに合わせず、隠れて、自分らしい人生を歩めばいいのです。好きなように生きていこう!

アメリカ大学サッカー留学:https://www.zero-00-zero.com

アメリカサッカー大学、2021年、2022年の選手枠が少なくなる?!

どうなるコロナ時代のサッカーシーズン?

今回の記事は2021年と2022年の編入に関する記事です。

多くの大学サッカリーグがシーズを春に移動する中、もう一つの問題が浮かんできました。

NCAA 2部の監督によると新年度のリクルーティングを行わない大学が増える可能性が出てくるとのことです。

• なぜこのようなことが起きるのか?

• 短期大学は大丈夫なのか?

• とのような対策を取ればいいのか?

など、今のアメリカ大学に現状をお伝えします。

どうなるのか今後の大学サッカーシーズン…..

2020年のシーズンは終わり?!

アメリカ大学サッカーシーズンは通常秋で、8月から12月までがサッカーシーズンとされていている。今回のコロナで多くの大学シーズンが春のシーズンに移行する予定です。中には予定通り秋にシーズンを行うところもあるが、短所されたシーズンとなる予定で、全米大会もない予想です。その中、コロナの状態が良くならない場合は春のシーズンもキャンセルされる可能性も出てきてるらいし(ある2部大学の監督によると)。

アメリカ大学サッカー留学はこちら💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

2021年と2022年のリクルーティングに影響?!

もし、春のシーズンがなくなるとなると、今の4回生がもう一年「留年」して、2021年のシーズンをプレーすることを選択する可能性が出てきてます。もし、このようなことがある場合は2021年のリクルーティングに大きな影響が出てきます。おそらく多くの大学は2021年には新しい選手を獲得しない確率が多くなってきてます。しかし、2022年の度のシーズンは普段より多くの選手を獲得する確率がある可能性があるとも伝えられました。それは、今の3回生も来年4回生となり、旧4回生と現4回生が同時に「退団」する形になる可能性があるというわけです。

SNS 情報:

https://www.facebook.com/oliver.wellman.3

Insta: saburo_113.

Insta: zerozerousa

対策方法:

現在短大の2回生で来年編入を目指している選手は今年のシーズンを「休む」形をとるのをオススメします。2021年の春のシーズンを「休み」、2021の秋のシーズンをプレーし、2022年の編入を狙うのをお勧めです。これはRed Shirt といい、アメリカ大学スポーツでは良く使われている方法です。練習だけ参加し、試合には出ない、これをRed Shirt といいます。スカラーシップをもらっている選手はお金に関してどのような影響があるのかは具体できには監督にきく必要があります。

今日本で留学を考えている高校3年生の選手:おそらく多くの大学はリクルーティングを少なく行います。これはもしかしたら、短期大学にも影響が出てくる恐れもあります。そのため、多くのオプションを用意することをお勧めします。多くのオプションとは、より多くの大学を選択肢としてもうことです。どの大学が新年度に何名の選手をリクルートするのか分かりません、さらに、短大でもRed shirt を利用する選手も増えます。そのため、1、2名しか取らない大学が多くなると思います。多くのオプションを持つことで対策ができると思います。

Youtube版::https://youtu.be/-OrVAd-zOXk

Final Thought:

2021、2022年はリクルーティングが縮小する予想です。ここで新たに編入する選手、これからアメリカ大学にチャレンジする選手は自分の価値をあげる必要があるでしょう。選ばれる選手の枠が少なくなることで、多くの大学はインパクトのある選手しか取らないようになります。あなたを本当に欲しいと思う監督とところに行く必要があります。そのためには自分の「武器」、自分が「これには絶対の自信がある」ものを徹底的に磨いていく必要があると思います。そして、その武器を試合で表現できるようしていけば必ず自分にあう大学が見つかります。

さらに編入を希望している選手は自分を売り込んでいく必要があります。目立つ選手は向こうからアプローチが多くきます。しかし、あまり目立つような選手であれば、自分から売り込む必要があります。自分で大学を見つけ、自分から売り出す、代理人がいる場合は代理人が動いてくれます。短大から編入する選手は今の監督の力も使いましょう。できるだけ多くの人のサポートが必要となってきます。

チームFOCUS: University of Charleston

NCAA 2部の強豪にFocus:

今回の記事はNCAA、アメリカ大学2部の強豪校, University of Charleston にFocusをあて解説してゆきます。

• どこにある大学なのか?

• どの様なチームなのか?

• 何がすごいのかなどなど、

大学紹介:どの様な地域にあるのか?

University of Charleston はアメリカの東海岸にある1888年に設立された私立大学。元々はBarboursville Seminary of the Southern Methodist Churchというキリスト教の大学であり、1978年に今の名前に変更しました。生徒数は役2000人とNCAA division IIながら、mid-size(中くらい)の大学です。

アメリカ東海岸:伝統と歴史

この大学は「成果型教育」と言って Citizenship(国民性), Communication(コミニケーション), Creativity (想像力), Critical Thinking(思考力), Ethical Practice(道徳), and Science (化学).と六つの成果をもとに教育を行う大学です

入学率は50%であり、まさに中堅の大学という評判があり、それにして、年間の授業料は日本円では300万円とお値段が高い割に教育の質が見合ってないとも評価されています。

アメリカ大学サッカー留学はこちら💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com

West Virginia は自然が豊富で豊かな地域です。アメリカの中でも歴史的な地域として知られています。多くのアメリカの大学は自然とキャンパスが調和していて、環境的には最高の場所です。UC(University of Charleston)も中間サイズで居心地の良いキャンパスです。

この地域の魅力はこちらの動画から💁‍♂️、

https://youtu.be/u75oBPy228E

大学の魅力はこちらから💁‍♂️

https://youtu.be/7GS5VinMXd8

サッカー部

去年のNCAA 2部の全米チャンピオン。2017年にも全米優勝を成し遂げている、近年2部リーグで力をつけて来ている大学。今年からの監督も長年コーチとして活躍、スコットランドでプロとしても活躍、ヨーロッパ的なスタイルをもたらす。

国際チーム:

ノルウェー

イングランド 8人

スコットランド

デンマーク

サイプレス 2人

スエーデン

スペイン 3人

コロンビア

オーストリア

ブラジル 2人

イタリア

チリ

南アフリカ 2人

オランダ

アイルランド

バングラデッシュ

ガンビア

ベルギー

ベネスウエラ

メキシコ

ドミニコ共和国

とアメリカ人が少数派という超国際的なチーム。

Development league という育成チームもあり、「B」チームがリーグ戦で活動している。

2019年の決勝を見ると「しっかりパスを繋ぐ、繋げる、チーム」という印象が強いです。

2019年の決勝フルゲーム:

https://youtu.be/FA9GoMEXQEs

SNS:

Insta: saburo_113 Insta: Zerozerousa

Final Thought;

私立の大学に多くの外国人選手が集まるのは監督のリクルートの積極性があると考える。これは、日本人選手にとってチャンスだ。しかし、まだ2部で全米大会で大活躍をして選手は少ないか、いない。これは間違えなく英語力の問題と思う。2部リーグで優勝するチームには2、3人の日本人選手がいてもおかしくない(サッカーレベルに関しては)。また、多くの選手がスカーラーシップを狙っているが、全員がお金をもらえるわけではない。中には「0」円の選手もいる。それらの選手は一体どの様に高い授業料を払っているのか?おそらく裕福な学生が通う大学かもしれない。

YouTube:

https://youtu.be/cqRwKkdOODs

NCAA Division II トップ10

活躍の場!

今回はアメリカ大学2部の強豪校について解説してゆきます。

• 1部との差はなんなのか?

• どこが違うのか?

• どこの大学が全米大会の常連校なのか?

などなど、解説してゆきます。

どの選択が正解なのか?

SNS:

Insta: saburo_113

Insta: zerozerousa

FB: https://www.facebook.com/oliver.wellman.3

2部リーグのメリット

まずは、リーダーになれる環境、中心選手になれる場。2部リーグはアメリカの中間レベルの選手が集まるリーグです。アメリカのトップの選手はプロに行くか、1部に行くのが常識になってます。中には2部をあえて選ぶ選手もいます。なぜかというと2部リーグの大学では、1年生から活躍できる、いい条件のスカラーシップのオファーをもらったなど、より良い条件であれば、いい選手は2部の大学を選びます。

また、各州によって1部の大学が少ない場合、その州の1部に入れなかった選手が2部の大学を選ぶ時もあります。

例えば、私のワシントン州。私が大学生の時、およそ、10年前、1部の大学は2校。2部の大学は3校。各チームが一年に5名ワシントン州から選手を獲得するとなれば、5校 x 5人 = 25人。

その州のトップ10の選手は1部リーグ、残りの15名は2部リーグに行くことになります。

そして、スカラーシップの条件なども1部との違いは、大きくないため、よりオファーはあります。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから:https://www.zero-00-zero.com/

デメリット

環境:多くの1部の大学は資金力もあり、練習場、スタジアム、など、優れた環境が整っているところが比較的に2部の大学よりは多いと考えられます。また、スパイクの支給など、最新のトレーニング道具(心肺センサー、GPS)など、より優れたものが整っていることが多いです。

サッカーレベル: 2部はすべての選手のレベルが高いわけではありません。中にはレベルの低い選手もいます。そのため、サッカーのレベルは多少1部より、全体的に低いと考えられます。もちろん2部のトップの大学は1部のチームと十分戦えます。しかし、全体的に1部の方がレベルの高い選手を揃う場所となってます。

以下のランキングは2019年12月のものです。

各チームのYOUTUBE動画をCHECK!

NCAA Division II トップ10大学:

#1 University of Charleston (ウエストヴァージニア州)

東海岸にある、私立大学、近年結果を残している、国際的豊かなサッカー部。

欧州のビッグクラブのユースチームから選手を獲得!

大学風景: https://youtu.be/u75oBPy228E

サッカー:https://youtu.be/E7xy0s6VhLY

#2 California state university- Los Angels (カルフォルニア州)

欧州から多くの選手を獲得。ラテン系のアメリカ人選手も多い地域である。

LAという都会の中にあり、学問的にも評価が高い大学。

サッカー:https://youtu.be/q1q2SgmvD84

#3 Lynn University (フロリダ州

ここも欧州から多くの選手を獲得!

対話式教育というユニークな教育方針。

サッカーhttps://youtu.be/x7QAEnDl_oI

#4 University of Indianapolis (インディアナ州)

https://youtu.be/vMjlSNqR4sE

#5 California state University – San Bernardino

https://youtu.be/j3Xd3lajDZo

# 6 Wingate University

https://youtu.be/0Eoq9mGgP8Q

#7 Franklin Pierce University

https://youtu.be/_WZnx7Tdmcs

#8 Gannon University

https://youtu.be/rfYe-YZ8wb4

#9 Maryville University of St. Louis

https://youtu.be/BQQoO6fQpFo

#10 Palm Beach Atlantic University

https://youtu.be/F2lwEhGce_M

Final Thought:

大学の4年後どうありたいのか?どの様な夢を持ってアメリカに行くのかで結果が決まると思います。1部と2部の差は紙一重です。2部から苦労して、諦めないでプロになった選手の例は数多く愛rます。どこに行ったかではなく、そこで何を目指して、何をしたのかで結果は変わります。常識で考えると1部の大学で活躍して、プロに入るという考え方だと思います。しかし, 自分の運命は自分で決められるものです。だから、自分を大切にしてくれる大学、コーチ。自分を高く評価してくれている監督のもとで成長できるところが一番いいと思います。自分が生き生きして、自分らしく成長できる大学に行けば、より良い人生に繋がるでしょう!

YouTube:https://youtu.be/R9dxBtxYVT4

注意!入国制限:アメリカ大学留学

新ルールからアメリカを見る!

多くの留学生が渡米の準備をする中衝撃的なニュースがアメリカから流れてきました。

多くの不安がある中、今後どうなるのか?そして、なぜこのようなことになったのかを解説していきます。

オンラインは自分の国でね!トランプより

なぜ、オンライン授業で入国できないのか?

スポーツ選手はどうなるのか?

何パーセントの大学がオンライン?

SNS:

Insta: saburo_113

Facebook: https://www.facebook.com/oliver.wellman.3

なぜこの様になったのか?

アメリカ政府は、オンラインのみで授業を行う大学に対して留学生の入国を認めないと発表(以前からも同じルール)。これはHavard大学が2020〜2021年度はオンラインのみの授業を発表して後に決定されたかことである。これは政治的な圧力をトランプ政権が大学側に掛けていると見られる。これは今年の選挙との関係もあり、大学など、公共施設が空いてない場合は郵便での選挙投票の可能性があるため、トランプ政権は、この可能性を避けるため、Havardの決断に対してこの様な対策をとったと見られる。ちなみに、Havardの留学生は21%

大学経営は留学生が命!

25%

この数字をお分かりでしょうか?これはアメリカ大学の留学生からの収入を示してます。多くの大学の収入の25%は留学生からきてます。これは大きな数字で、留学生がいないとなれば、経営的にも苦しくなる大学は多くなります。そのため、今回の新ルールで多くの大学が対面授業を行うことになると思います。オンライと対面授業のハイブリットの体制を取る大学が多くなると予想されます。この様なハイブリット体制は認められていて、入国が可能になります。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから:

https://www.zero-00-zero.com/

数字で見る

8%の大学はオンライのみの授業をこのなう予定で、23%はハイブリット体制をとるらしく、後の61%ほどは普段通り授業を行う予定。多くの大学は留学生を支援するため、なんだかの形で留学生のために特別対面授業を行う見込みです。

Youtube版:https://youtu.be/O2iWiqE2M0M

スポーツ選手はどうなるの?

スポーツ選手は学生なので、同じルールに従います。多くの大学は生徒たちが大学に戻らない、つまり、完全にオンライになった時にはスポーツも延期すると以前発言していました。今回の新しルールにより、多くの大学が体制を変えることで、大学スポーツも通常にもどると思われます。すでにあるリーグではサッカーシーズンが春に延期されるなど、コロナ対策が見られます。

Final Thought:

今回の件はおそらく政治的な意図があるでしょう。これは、トランプ大統領から大学へのメッセージかもしれません、「安全に大学を開催してください、そうでないと大きな収入源である留学生の入国を取り上げるよ。」特にHavardに対する大きなメッセージだと思います。冷静に見るとこれはトランプの政治的な腕を伺う時です。この新ルールで多くの大学は対策を変え、柔軟い対応するでしょう。感情的に見ると、トランプは外国人が嫌い、など、その様に捉える方も多いと思うます。また、OPTという卒業後のビザも取りやめる動きがあるみたいで、もっとチャンスをアメリカ人に与えたいという「アメリカファースト」という考えかたも広がっています。

アメリカのトップ大学はどこだ(Division one 版)

アメリカ大学のビッグクラブ(大学)は?

今回はアメリカ大学の強豪校、要するにアメリカ大学の「ビッグクラブ」を紹介していきたいと思います。今回はアメリカのトップリーグNCAA Division OneのリーグのTop 10を紹介していきます。

自分の居場所はどこだ?僕は何をしたいのか?

NCAA Division One (D1) のメリットとは?

まずはプレーの質です。トップリーグであることで、アメリカのトッププレイヤーたちが集まるリーグです。そして、世界中からも選手をスカウトするので世界中からもレベルの高い選手が集まります。プレースピード、選手の身体能力、監督からの要求などは一番レベルの高いものです。

次は環境。D1の大学のスポーツ予算はアメフトやバスケからの収入から他のスポーツへと分けられます。そのため、D1の大学はスペシャリストのコーチ、練習場、体をケアする施設、など、選手への最高のケアができている環境が多いです。

最後に、プロにいきやすい。D1の大学はプロとの練習試合などが多いです。多くのトップ大学は地元のプロチームと友好であり、夏には練習参加をして、将来プロになれる環境が整ってます。また、プロのスカウトも試合に来ることも多いことでプロを目指すのであれば、D1が一番近い道です。

D1のデメリット

お金がない。スカラーシップのお金がD2 (division 2)と比較しても大きな差がない。1回生からフルスカラーシップ(学費全額免除)をもらえる選手はレアな者です。また、プレーする機会が1回生からは保証されてないことで、競争率が激しく、なかなかチームで居場所を探すのが難しいかもしれません。

オリバーのSNSでアメリカサッカー情報をチェク:

Insta: saburo_113

FB: oliver wellman

2019年12月時点でのランキングです。

各チームのYOUTUBE 動画をご覧ください。

As of 2019 December

No. 1 Virginia: ヴァジニア大学。アメリカ大学の「ビッグクラブ」。アメリカ大学の伝統的なチームと知られ、数多くの代表選手を輩出している。

https://youtu.be/G0QLtDdDtkc

No. 2 Georgetown Washington DC. ジオージタウン大学:2019年の全米チャンピオン。近年結果を残しているチームであり、学問的にも有名な大学と知られている。

https://youtu.be/eIOkkr3BjKc

No. 3 SMU (Southern Methodist University) Texas サザーンメサデスト大学、テキサス州。全米トーナメントの常連校。常にトップ10に入る大学。

https://youtu.be/ZafNbRPb7EE

No. 4 Clemson クレムセン大学、サウスケロライナ州。過去にも2回全米チャンピオンに輝いた大学。プロ、そして代表選手を輩出しているチームである。

https://youtu.be/pg1JlEG_Duk

No. 5 Wake forest ウエイクフォレスト大学 ノースケロライナ州。近年力を付けてきてるチーム。

https://youtu.be/imTQUu6gIwk

No. 6 UCF (University of Central Florida)

https://youtu.be/cOfYg8yeEIU

No. 7 Virginia Tech

https://youtu.be/hANhI8QLC3E

No. 8 Washington

https://youtu.be/_PM-ku8riDM

No. 9 St. John’s

https://youtu.be/QaWUZshCUSY

No. 10 Stanford

https://youtu.be/miVHIvJCdXY

アメリカ大学留学はこちらから;

https://www.zero-00-zero.com

Final Thought:

アメリカ大学では多くの強豪校が東海岸に集中している。西海岸でもサッカーが爆発的人気があり、西海岸の大学も近年ランキングに食い込んできている。自分にはどこがいいのか?D1 がいいのか?それともD2 や違うリーグで活躍の場を見つければいいのか?これは選手のゴールによって多く変わります。プロになるなら、D1のトップ大学で活躍するのが一番の近道です。スカラーシップを沢山もらいたいとなれば、もしかしたら、D2 やNAIAのリーグの方がいいかもしれません。どちらにしろ、アメリカのサッカーレベルも舐めてかかってはいけません。アメリカのプロリーグも今、世界から注目を浴び、急成長してます。ユースのレベルも上がってます。アメリカのトップ大学で4年間D1のチームでプレーすることは必ず今後の人生の財産になることは間違えないでしょう。

YouTubeからもみよう!

https://youtu.be/87k3in2kh_4

Youtubeも見ましょう!

大学で何を勉強すればいいのか?

大学へ行く意味とは?

今回は大学へ行く個人的な意見をまとめたいと思います。そもそも大学に行く意味とはどういうことか?なぜ大学に行く意味があるのか?大学は何をするところなのか?

正解はない

現在の大学の意味:Credentialism and Status.

現在の大学の意味はCredentialism とStatusです。Credentialism とは日本語でいうと信任状ということです。信任とは信頼という意味で、大学を卒業したことで今の社会の中ではある程度の信頼が得られることです。もう一つはStatusです。超一流大学を卒業することで、「他の人と違う」、「特別な存在」など、人と違った存在になるstatusがつきます。これは「プロ」サッカー選手などのstatusと同じような感覚です。

SNS:

Insta: saburo_113

FB: oliver wellman

本来の大学の意味:University

University という名前はUniverse (宇宙)からきてます。昔、西洋で始まったとゆわれる大学という存在は色々な優秀な人が西洋や東洋から集まり、アエイデアや考えかたを共有することで人間の知識や知恵を増やすところとして、存在していたとゆわれてます。University とは、世界中から集まる人々と交流し、個々の進歩や進化につながるモノだと考えられていました。

アメリカ大学留学に興味ある:https://www.zero-00-zero.com

今の人はなぜ大学に行くのか?

「とりあえず大学に行く」という方が今は非常に多いらしいです。これは日本でもそうですし、アメリカもそうです。もちろん中には明らかなゴールを持って大学に行く人も多いと思います。例えば、医者になりたい、エンジェニアになりたい、これらの専門的な職業はある程度の知識や教育が必要になることで大学には必ず行くことが義務づけられてます。では、そうでない人は、なぜ大学に行くのか? 「就職する時に大卒の方が有利だ」、「大卒の方が将来もっと稼げる」、「大学のコネクションは役に立つ」などなど、利己的な目標が目立ちます。しかし、ここでおかしいことは、今の時代、大学に行かなくても稼ぐ方法はいくらでもあります。ましてや、奨学金を借りて、大きな借金をしてまで大学に行く必要があるのかが現在疑われてます。アメリカ、そして日本でも、学生時代の奨学金のローンを返すに必死な社会人は多くなっており、いつまで経っても経済的に自由になれず、苦しい生活をしている人は多く、社会問題にもなってきてます。

ゴールを持ちましょう!

大学に行くと決めたらゴールを持ちましょう。大学での4年間の勉強、経験と出会いは大学卒業後の人生に大きな影響を与えます。もちろんサッカーでプロになるというゴールは持っていいと思います。しかし、現役はいずれか終わります、その後、何をしたいのかをしっかり考えて大学時代を過ごすのも大切です。ちなみに私は、コーチになるゴールを大学に入る前に設定しました。JFLでの経験から「プロ」の世界でのコーチではなく育成と教育と特化しているアメリカ大学でのコーチになるのが夢でした。そのゴールを達成するには、心理学を大学で勉強して、プロサッカー選手になることでサッカーの知識を増やし、より、最高のコーチになれると思って大きな計画を持ってただひたすらそのゴールのために学生時代を過ごしていました。

大学を卒業して、ほぼ10年後、自分のクラブチームを設立し、コーチとして多くの仕事で多くの人の役に立っている自覚がちゃんとあります。19歳の自分に感謝したいです。だから17歳、18歳の日本の学生さん、もし、アメリカの大学に行くのであれば、大きなゴールを持って挑みましょう。まだそのゴールがわからないと思う人はエイジェントに相談しましょう。そして、一緒に大きなゴールに向かって挑みましょう!

Youtube版:https://youtu.be/Yv9zVteZ3uA

アメリカ大学消滅?!

二流、三流大学がなくなる?そのカラクリは?

コロナの影響がアメリカ大学にどのような影響をもたらすのか?大学スポーツには影響があるのか?今回は具体的に今後どのような影響がアメリカ大学に起きるのかを解説していきます。

大学が減る世界へと

Scott Galloway :今後のアメリカ大学状態を予言する:二流、三流大学は消える

Scott Gallowayとは?

現在ニューヨーク大学教授、起業家、アメリカの複数の企業で役員を務めるなど、様々な活動を通して、世界の経済的リーダーとも認識されている。

https://en.wikipedia.org/wiki/Scott_Galloway_(professor)

彼によると、今後アメリカの大学は一流大学は余裕で生き残れるが、二流と三流大学は今後、何か大きな変化がないと消滅すると予言している。

オリバーのSNS

Insta: saburo_113

FB: https://www.facebook.com/oliver.wellman.3

• アメリカ大学消滅のカラクリ(1)

Waiting list: サブ組

Waiting listとは、万が一、合格した生徒が入学を拒否する、または違う大学を選んだとき、「予備」の合格者をWaiting list、「待っている者」という。このwaiting listはどの大学でも持っていて、コロナの影響でGap Year (一年間大学を休学して、旅をする)生徒が多くなることや、大学という選択を拒否する生徒がおおくなると予測されている。そのため、一流の大学はWaiting List から生徒を呼び始める。そして、二流大学もWaiting list を呼び、三流も同じことをする。これによって一流は生徒数が足りるが、二流と三流大学は生徒数が足りなくなると予測されている。特に、学費の高い二流と三流大学は間違えなく消滅するだろうとされている

According to Scott Gallowy;

「5年ー10年の間に1000〜2000の大学が消滅するだろう!」

アメリカサッカー留学はこちらから:https://www.zero-00-zero.com

• アメリカ大学消滅のカラクリ (2)

一流大学は世界のエリートのため。

アメリカの大学ではEndowment という、OB, OGによる寄付金があります。アメリカの超一流大学のHavardのEndowmentは 40 Billion dollars。この金額は複数の国のGDPを超えている金額であると言われている。Scott Gallowyさんは、一流大学は世界のエリートのための大学であり、ルイビトンやエルメスなどの高級ブランドのようなモノであると指摘している。自慢げに一流大学が3−6%の合格率を訴えることは情けないという。なぜなら、一般の方を無視して、エリートのための教育となってしまっており、もはや大学はブランド品になってしまっていると分析している。さらに、近年アメリカの授業費はなんと1400%のも上がっており、ほとんどの大学は学費から90%の利益を生み出している。しかし、コロナの影響で需要がへり、大学のコストの削減が要求されることで、高額の授業費の二流と三流の大学は何か多くき変化しないと消滅すると言われている。

かなり奥の深い情報:

Scott Gallowy: 今後のアメリカ大学:https://youtu.be/FM5HkpyXxsQ

アメリカ大学スポーツへの影響:

アメリカの大学の数は今後減る現象へと向かいます。3割のサッカー部が削減となると残りの大学に入りたり選手が多くなり、競争率が上がると考えれれます。今でも世界から多くの選手が集まる中、今後もっと競争率が上がるでしょう。そのため、サッカーのレベルも上がると予測されます。それに加え、現在のアメリカ大学はSATやACTなどの入試テストを排除するトレンドが見えてきました。コロナの収束後、アメリカの大学状況も大きく変わるでしょう。

YouTube 版:

バイリンガルの心の中

~言葉と心の関係~

バイリンガルの印象:

バイリンガルとは、二つの言葉を完璧に操れる人。多くの人にとっては「憧れ」や「目指すべき姿」などと、日本ではバイリンガルの人に対しては好印象の場合が多いと思います。特に英語を習得している場合。一般的には、多くの言葉が喋れれば賢いとか、英語ができれば成功するなど、言語を一つ以上操れる人は格上みたいな存在とされてます。

アメリカ大学サッカー留学はこちらから:

https://www.zero-00-zero.com

バイリンガルになるため:

バイリンガルになるには幼少期に二つの言語を同時に習得することがマストになると思います。もちろん成人になっても完璧な発音で英語を操れる人もいますが、やはり成人からの習得では完全なバイリンガルになるのは難しいと思います。なぜかというと「発音」がどうしても「下手くそ」に聞こえてると思って英語を発することに恥を感じる人が多いかもしれません。

また、発音の習得ができる幼少期に英語を習得することが必要でしょう。

SNS:

Insta: saburo_113

FB: https://www.facebook.com/oliver.wellman.3

バイリンガルは言葉を使い分ける

私は英語を日本人と話すのがめちゃくちゃ苦手です。英会話はできないです。気持ちが悪くなってしまいます。笑。なぜかというと日本人とは日本語で話すのが自然だからです。子供の時も日本人の母親が僕に英語で話そうとするとイラだってしまい、必ず日本語で話様にしてました。また、アメリカ人の父親が僕に日本語で話す時も、いやの気分になってしまい、必ず英語で話す様にしてました。この現象は他のバイリンガルの幼い子供も同じことをするそうです。科学的な理由はわかりませんが、僕は「真実が伝わらない」と小さな時から感じてました。

言葉は心と心の
通じ合い。

今はもちろん大人になり、日本人の方とでも英語でやりとりは苦痛なくできますし、アメリカのたかが日本語で一生懸命に日本語で話してきても日本語で話します。一方、子供の心は素直です。バイリンガルの子供はおそらく心と心のコミニケーションでどの言葉が一番真実に近いのかを読み取っているのでしょう。

YouTube でも聴ける!

サッカー選手の英語コーチング実施中!詳しくはここのブログからお問い合わせ!

大人になってからのバイリンガル

子供の時は努力なしでバイリンガルになれます。しかし、大人になってからは努力が必要です。使わないものは忘れてしまいます。しかし、これは表面的な忘れです。一度習ったもの、身についたものは意識的に「思い出す」作業が必要です。バイリンガルの人たちもこの「思い出す」作業を毎日する必要があります。この作業は毎日二つの言葉を使う、二つの言葉を書く、聞く、そして、考える。この様に、バイリンガルになるには一生努力をする必要があります。

もちろんバイリンガルは印象はかっこいい、頭のいい人など、好印象です。しかし、完璧に両方の言語を高いレベルで操る人らは大きな努力を毎日しています。