MLS ドラフト2021年!

どこの大学の選手が選ばれたのか?

今回の記事はMLSのドラフト2021年について解説します。アメリカではどのプロスポーツもドラフトという伝統があり、各チームに平等に選手を選ぶ権利があり、弱いチーム、昨年成績が良くなかったチームが有利にいい選手を選べる仕組みになってます。

もちちろ、他の国と同様、ユースチームからの昇格があり、若くていい選手は昇格します。また、多くの選手はユースから大学に入学し、1、2年でドラフトで育ててもらったチームに戻るケースも多々目かけます。

どんな選手がドラフトで選ばれるのか?

今、多くの日本人選手が気にしているのが

• どの大学に行けば、ドラフトに掛かるのか?

• どのような結果を残せば、プロへの最初の一歩を踏み出せるのか?

• トップリーグでない大学のチームからはドラフトにかかるのか?

• などなど、気になる情報を発しします!

アメリカ大学サッカー留学はこちらから💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

ドラフトの結果:

1st: Daniel Pereira, Virginia Tech, NCAA division 1, Austin FC.

ベネスエラ出身のMFの選手。15歳の時にアメリカに移り、アメリカ大学D1の強豪Virginia Tech に入学。一年目からブレイクし、19試合に出場し、5ゴールと5アシストを記録。母国の世代別代表にも選ばれていた、実力者でもある。

ハイライト:https://youtu.be/uo1VDtLvFrI

2nd: Calvin Harris, Wake Forest, NCAA division 1, Cincinnati FC.

イギリス国籍のHarris. 香港🇭🇰とニュージーランド🇳🇿で育ち、アメリカ大学を選び、2回生のシーズンを終えて、プロになった。決して派手な結果を残してないが、身体能力と恵まれたゴール感覚の持ち主。

ハイライトhttps://youtu.be/7-rXJOKuhp8

3rd: Philip Mayaka, Clemson, NCAA division 1, Colorado Rapids.

ケニア🇰🇪出身のMF。高校の時にアメリカのアカデミーに所属し、アメリカのトップ大学で1年生から活躍。全米最優秀賞選手候補にも選ばれる実力を持つ選手。

ハイライトhttps://youtu.be/rD1iqldeq84

4th: Kimarni Smith, Clemson, NCAA division 1, DC united.

5th: Micheal Deshields, Wake Forest NCAA division 1, DC united.

6th: Ethan Barlow, Washington NCAA division 1, Huston Dynamo.

7th: Bret Halsey, Virginia NCAA division 1, Real Salt Lake.

8th: Derek Dodson, Georgetown NCAA division 1, Orlando city.

9th: David Egbo, Akron NCAA division 1, Vancouver FC

10th: Josh Penn, Indiana NCAA division 1, Miami International.

以上、今年のドラフトのTOP10を紹介しました。80位まであるので気になる方はここをチェック!https://www.mlssoccer.com/superdraft/2021/tracker

気になるD2, NAIA, JUCOからの選手は選ばれてなかったです。

結論からすると、ドラフトで選ばれて、プロ契約までたどり着く選手(1〜25位と言われてます)、はアメリカ大学のTOP25に入って大きな結果を残し、実力でスカウトの目を引きます。今回のTOP3の選手の共通点は3選手とも外国人選手、彼らはなんだかの形でアメリカに異国からやってきて、プロになりました。これは多くの外国人がアメリカの大学に注目を集めてきたことを言えるでしょう。なぜアメリカの大学を選ぶのか?それは勉強ができる環境があるということが最大の魅力なのではないでしょうか?

YouTube版:

投稿者: Educator and Coach. 教育者とコーチ

教育者・コーチ アメリカと日本で育ち、アメリカ大学卒業後日本でプロを目指しJFLで挑戦。 その後、指導者として、Kosmos FC を設立。 http://www.kosmosfckyoto.com アメリカサッカー大学留学の代理人として、株式会社NOACASTLE のゼロゼロアメリカ大学サッカー留学の関西担当。 https://www.teamnaocastle.com/ Kosmos FC International soccer club Founder 代表者 2013年にKyoto International Schoolのアフタースクールサッカー教室として活動が始まり2016年に設立されたKosmos FC。国際ジュニアサッカーチームとして活動をしている。指導は英語と日本語、選手のほとんどは英語を母国語としているか、バイリンガル英語と日本語、またはフランス語や韓国語など、様々な言語を話せる子供たちが国際交流できるユニークなチーム。Kosmos はギリシャ語で「完全なるシステム」を意味するという。Kosmos FC は京都の国際コミニュティと地域の方々がサッカーという楽しいスポーツを通し異文化の理解に貢献するという理念を抱いております。またサッカーの育成、英語教育、そしてヨガにも取り入りいれ、Spirit, Body and Mindという教育メセッド をKosmos FCの独自の指導法としている。 In 2013, Kosmos FC started as an after school program at Kyoto International School. In 2016, Kosmos FC began its operations as an International youth soccer team. Lessons are conducted mainly in English with some Japanese to assist non-English speakers. A variety of language speakers comprise our team, including English, French, Korean, and other bilingual speakers. Our aim is to bring the international community of Kyoto together with the local community through the sport of soccer while contributing to the mutual understanding of different cultures. Furthermore, we incorporate a Spirit, Body, and Mind educational approach that is unique to our club. We also provide professional soccer training with an emphasis on English education for our Japanese speaking players. We also practice yoga so that our players achieve a better understanding of their bodies and for overall health.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。