アメリカサッカー大学、2021年、2022年の選手枠が少なくなる?!

どうなるコロナ時代のサッカーシーズン?

今回の記事は2021年と2022年の編入に関する記事です。

多くの大学サッカリーグがシーズを春に移動する中、もう一つの問題が浮かんできました。

NCAA 2部の監督によると新年度のリクルーティングを行わない大学が増える可能性が出てくるとのことです。

• なぜこのようなことが起きるのか?

• 短期大学は大丈夫なのか?

• とのような対策を取ればいいのか?

など、今のアメリカ大学に現状をお伝えします。

どうなるのか今後の大学サッカーシーズン…..

2020年のシーズンは終わり?!

アメリカ大学サッカーシーズンは通常秋で、8月から12月までがサッカーシーズンとされていている。今回のコロナで多くの大学シーズンが春のシーズンに移行する予定です。中には予定通り秋にシーズンを行うところもあるが、短所されたシーズンとなる予定で、全米大会もない予想です。その中、コロナの状態が良くならない場合は春のシーズンもキャンセルされる可能性も出てきてるらいし(ある2部大学の監督によると)。

アメリカ大学サッカー留学はこちら💁‍♂️https://www.zero-00-zero.com/

2021年と2022年のリクルーティングに影響?!

もし、春のシーズンがなくなるとなると、今の4回生がもう一年「留年」して、2021年のシーズンをプレーすることを選択する可能性が出てきてます。もし、このようなことがある場合は2021年のリクルーティングに大きな影響が出てきます。おそらく多くの大学は2021年には新しい選手を獲得しない確率が多くなってきてます。しかし、2022年の度のシーズンは普段より多くの選手を獲得する確率がある可能性があるとも伝えられました。それは、今の3回生も来年4回生となり、旧4回生と現4回生が同時に「退団」する形になる可能性があるというわけです。

SNS 情報:

https://www.facebook.com/oliver.wellman.3

Insta: saburo_113.

Insta: zerozerousa

対策方法:

現在短大の2回生で来年編入を目指している選手は今年のシーズンを「休む」形をとるのをオススメします。2021年の春のシーズンを「休み」、2021の秋のシーズンをプレーし、2022年の編入を狙うのをお勧めです。これはRed Shirt といい、アメリカ大学スポーツでは良く使われている方法です。練習だけ参加し、試合には出ない、これをRed Shirt といいます。スカラーシップをもらっている選手はお金に関してどのような影響があるのかは具体できには監督にきく必要があります。

今日本で留学を考えている高校3年生の選手:おそらく多くの大学はリクルーティングを少なく行います。これはもしかしたら、短期大学にも影響が出てくる恐れもあります。そのため、多くのオプションを用意することをお勧めします。多くのオプションとは、より多くの大学を選択肢としてもうことです。どの大学が新年度に何名の選手をリクルートするのか分かりません、さらに、短大でもRed shirt を利用する選手も増えます。そのため、1、2名しか取らない大学が多くなると思います。多くのオプションを持つことで対策ができると思います。

Youtube版::https://youtu.be/-OrVAd-zOXk

Final Thought:

2021、2022年はリクルーティングが縮小する予想です。ここで新たに編入する選手、これからアメリカ大学にチャレンジする選手は自分の価値をあげる必要があるでしょう。選ばれる選手の枠が少なくなることで、多くの大学はインパクトのある選手しか取らないようになります。あなたを本当に欲しいと思う監督とところに行く必要があります。そのためには自分の「武器」、自分が「これには絶対の自信がある」ものを徹底的に磨いていく必要があると思います。そして、その武器を試合で表現できるようしていけば必ず自分にあう大学が見つかります。

さらに編入を希望している選手は自分を売り込んでいく必要があります。目立つ選手は向こうからアプローチが多くきます。しかし、あまり目立つような選手であれば、自分から売り込む必要があります。自分で大学を見つけ、自分から売り出す、代理人がいる場合は代理人が動いてくれます。短大から編入する選手は今の監督の力も使いましょう。できるだけ多くの人のサポートが必要となってきます。

投稿者: Educator and Coach. 教育者とコーチ

教育者・コーチ アメリカと日本で育ち、アメリカ大学卒業後日本でプロを目指しJFLで挑戦。 その後、指導者として、Kosmos FC を設立。 http://www.kosmosfckyoto.com アメリカサッカー大学留学の代理人として、株式会社NOACASTLE のゼロゼロアメリカ大学サッカー留学の関西担当。 https://www.teamnaocastle.com/ Kosmos FC International soccer club Founder 代表者 2013年にKyoto International Schoolのアフタースクールサッカー教室として活動が始まり2016年に設立されたKosmos FC。国際ジュニアサッカーチームとして活動をしている。指導は英語と日本語、選手のほとんどは英語を母国語としているか、バイリンガル英語と日本語、またはフランス語や韓国語など、様々な言語を話せる子供たちが国際交流できるユニークなチーム。Kosmos はギリシャ語で「完全なるシステム」を意味するという。Kosmos FC は京都の国際コミニュティと地域の方々がサッカーという楽しいスポーツを通し異文化の理解に貢献するという理念を抱いております。またサッカーの育成、英語教育、そしてヨガにも取り入りいれ、Spirit, Body and Mindという教育メセッド をKosmos FCの独自の指導法としている。 In 2013, Kosmos FC started as an after school program at Kyoto International School. In 2016, Kosmos FC began its operations as an International youth soccer team. Lessons are conducted mainly in English with some Japanese to assist non-English speakers. A variety of language speakers comprise our team, including English, French, Korean, and other bilingual speakers. Our aim is to bring the international community of Kyoto together with the local community through the sport of soccer while contributing to the mutual understanding of different cultures. Furthermore, we incorporate a Spirit, Body, and Mind educational approach that is unique to our club. We also provide professional soccer training with an emphasis on English education for our Japanese speaking players. We also practice yoga so that our players achieve a better understanding of their bodies and for overall health.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。