大学で何を勉強すればいいのか?

大学へ行く意味とは?

今回は大学へ行く個人的な意見をまとめたいと思います。そもそも大学に行く意味とはどういうことか?なぜ大学に行く意味があるのか?大学は何をするところなのか?

正解はない

現在の大学の意味:Credentialism and Status.

現在の大学の意味はCredentialism とStatusです。Credentialism とは日本語でいうと信任状ということです。信任とは信頼という意味で、大学を卒業したことで今の社会の中ではある程度の信頼が得られることです。もう一つはStatusです。超一流大学を卒業することで、「他の人と違う」、「特別な存在」など、人と違った存在になるstatusがつきます。これは「プロ」サッカー選手などのstatusと同じような感覚です。

SNS:

Insta: saburo_113

FB: oliver wellman

本来の大学の意味:University

University という名前はUniverse (宇宙)からきてます。昔、西洋で始まったとゆわれる大学という存在は色々な優秀な人が西洋や東洋から集まり、アエイデアや考えかたを共有することで人間の知識や知恵を増やすところとして、存在していたとゆわれてます。University とは、世界中から集まる人々と交流し、個々の進歩や進化につながるモノだと考えられていました。

アメリカ大学留学に興味ある:https://www.zero-00-zero.com

今の人はなぜ大学に行くのか?

「とりあえず大学に行く」という方が今は非常に多いらしいです。これは日本でもそうですし、アメリカもそうです。もちろん中には明らかなゴールを持って大学に行く人も多いと思います。例えば、医者になりたい、エンジェニアになりたい、これらの専門的な職業はある程度の知識や教育が必要になることで大学には必ず行くことが義務づけられてます。では、そうでない人は、なぜ大学に行くのか? 「就職する時に大卒の方が有利だ」、「大卒の方が将来もっと稼げる」、「大学のコネクションは役に立つ」などなど、利己的な目標が目立ちます。しかし、ここでおかしいことは、今の時代、大学に行かなくても稼ぐ方法はいくらでもあります。ましてや、奨学金を借りて、大きな借金をしてまで大学に行く必要があるのかが現在疑われてます。アメリカ、そして日本でも、学生時代の奨学金のローンを返すに必死な社会人は多くなっており、いつまで経っても経済的に自由になれず、苦しい生活をしている人は多く、社会問題にもなってきてます。

ゴールを持ちましょう!

大学に行くと決めたらゴールを持ちましょう。大学での4年間の勉強、経験と出会いは大学卒業後の人生に大きな影響を与えます。もちろんサッカーでプロになるというゴールは持っていいと思います。しかし、現役はいずれか終わります、その後、何をしたいのかをしっかり考えて大学時代を過ごすのも大切です。ちなみに私は、コーチになるゴールを大学に入る前に設定しました。JFLでの経験から「プロ」の世界でのコーチではなく育成と教育と特化しているアメリカ大学でのコーチになるのが夢でした。そのゴールを達成するには、心理学を大学で勉強して、プロサッカー選手になることでサッカーの知識を増やし、より、最高のコーチになれると思って大きな計画を持ってただひたすらそのゴールのために学生時代を過ごしていました。

大学を卒業して、ほぼ10年後、自分のクラブチームを設立し、コーチとして多くの仕事で多くの人の役に立っている自覚がちゃんとあります。19歳の自分に感謝したいです。だから17歳、18歳の日本の学生さん、もし、アメリカの大学に行くのであれば、大きなゴールを持って挑みましょう。まだそのゴールがわからないと思う人はエイジェントに相談しましょう。そして、一緒に大きなゴールに向かって挑みましょう!

Youtube版:https://youtu.be/Yv9zVteZ3uA

投稿者: Educator and Coach. 教育者とコーチ

教育者・コーチ アメリカと日本で育ち、アメリカ大学卒業後日本でプロを目指しJFLで挑戦。 その後、指導者として、Kosmos FC を設立。 http://www.kosmosfckyoto.com アメリカサッカー大学留学の代理人として、株式会社NOACASTLE のゼロゼロアメリカ大学サッカー留学の関西担当。 https://www.teamnaocastle.com/ Kosmos FC International soccer club Founder 代表者 2013年にKyoto International Schoolのアフタースクールサッカー教室として活動が始まり2016年に設立されたKosmos FC。国際ジュニアサッカーチームとして活動をしている。指導は英語と日本語、選手のほとんどは英語を母国語としているか、バイリンガル英語と日本語、またはフランス語や韓国語など、様々な言語を話せる子供たちが国際交流できるユニークなチーム。Kosmos はギリシャ語で「完全なるシステム」を意味するという。Kosmos FC は京都の国際コミニュティと地域の方々がサッカーという楽しいスポーツを通し異文化の理解に貢献するという理念を抱いております。またサッカーの育成、英語教育、そしてヨガにも取り入りいれ、Spirit, Body and Mindという教育メセッド をKosmos FCの独自の指導法としている。 In 2013, Kosmos FC started as an after school program at Kyoto International School. In 2016, Kosmos FC began its operations as an International youth soccer team. Lessons are conducted mainly in English with some Japanese to assist non-English speakers. A variety of language speakers comprise our team, including English, French, Korean, and other bilingual speakers. Our aim is to bring the international community of Kyoto together with the local community through the sport of soccer while contributing to the mutual understanding of different cultures. Furthermore, we incorporate a Spirit, Body, and Mind educational approach that is unique to our club. We also provide professional soccer training with an emphasis on English education for our Japanese speaking players. We also practice yoga so that our players achieve a better understanding of their bodies and for overall health.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。