~アメリカユースサッカーの今~

DA とボンボンサッカークラブ ~格差社会の育成問題

日本の第一種(小学生)サッカー人口 143,918

アメリカの第一種 サッカー人口 役 2,000,000

まず、アメリカでは子供のころにサッカーを近くのチームで秋にするというのがそもそも当たり前な感覚です。少年時代からシーズン制で各季節に違うスポーツをする習慣があります。そして、サッカーは安全なスポーツ誰でもできると認識されていて、ママからの人気が多いです。

U12, 早くてU9の世代から本格的なサッカークラブの活動がありますが、ほとんどの子供が複数のスポーツをするのが一般的な考えとなってます。

U15からは本格的にサッカーをする子供らが多くて、Jr. High school (日本では中学)の世代では部活はあったりなかったりでクラブチーム以外の選択がありません。

そして高校年代。アメリカの育成年代では日本と違ってクラブサッカーがメインな育成場所です。

アメリカの高校サッカーはシーズン制。3~5っヶ月の短い期間で行われます。他のシーズンになると他のスポーツを楽しむ生徒も多いです。サッカー選手の多くは陸上部の長距離部に属する選手も多いです。

アメリカのU18の状況

アメリカのクラブサッカーの多くのチームはMLSアメリカプロサッカーリーグの下部組織が多いですが、「町クラブ」もアメリカ最高峰のユースリーグのDevelopment Academy(DA) という全米リーグに所属してます。DAリーグは各地域ごとにリーグ戦を行い、最終的にトーナメント制を行い、全米チャンピオンを決めます。日本でいうとプレミアリーグと同じようなものです。

日本の強豪高校チームとJリーグの下部組織が競い合うリーグが、アメリカのDAリーグです。

ただし、アメリカの場合はクラブチームのみとなります。

クラブチームの無償化が進む

多くのMLSの下部組織は「無償化」になっています。下部組織のチームにスカウトされれば、金銭的な負担は一切ない環境になっています。遠征などの移動費やユニフォーム代なども要らず、安心してサッカーに打ち込める環境がここ数年前からアメリカにできてきました。クラブの方も「無償化」になりつつ、複数の「町クラブ」がDAリーグに参加しているチームのみは無償化にしています。MLSのクラブは年々サッカーの人気もあり, MLS自体が利益を出し、その利益をユース世代へ「投資」の形で育成を無償化し、トップレベルの選手を作り出すのが最終的の目的です。

高校生年代でのサッカークラブはお金持ちのため?

しかし、中にはDAリーグで「無償化」になってないチームも多く有り、アメリカサッカー界の中では問題になってきてます。DAのクラブチームの年間に掛かる金額は3000-60000ドル、日本円で30ー60万ほど。ユニフォーム、遠征代などを合わすと相当な金額となります。以前LA Galaxy に所属していた、Zalatan IbrahimovicもLAに住んでいた時、年間3,500ドル、日本円にすると35万を息子のサッカー費として払うことに疑問を抱えていました。

「無償化にしないからアメリカは弱いんだ!」

「サッカーはボンボンの白人スポーツだ!」

などと批判は多く、「サッカーを全ての人に!」という意見が多いのです。

実力社会かお金持ち社会?

多民族国家のアメリカは実力社会でもあります。

うまい選手は無差別に「無償化」のチームにスカウトされ、プロサッカー選手として育成されてゆきます。実力さえあれば、最高の環境でサッカーが出来るアメリカの今。しかし、これは限られた一部と言っていいでしょう。他に隠れた才能があったとしても発掘されていない選手が多いかもしれません。そして、DAでプレーしている選手はもちろんプロへの道を歩みます。しかし、プロになれる選手は限られている。そこで、プロに行けなかった選手がNCAAアメリカ大学のトップリーグへと進みます。このエリート選手の多くは無償で大学に進みます。運に恵まれない選手はますますチャンスを失い、サッカー選手として成功のする確率がなくなるのです。

MLSのユースクラブ^^^

投稿者: Educator and Coach. 教育者とコーチ

教育者・コーチ アメリカと日本で育ち、アメリカ大学卒業後日本でプロを目指しJFLで挑戦。 その後、指導者として、Kosmos FC を設立。 http://www.kosmosfckyoto.com アメリカサッカー大学留学の代理人として、株式会社NOACASTLE のゼロゼロアメリカ大学サッカー留学の関西担当。 https://www.teamnaocastle.com/ Kosmos FC International soccer club Founder 代表者 2013年にKyoto International Schoolのアフタースクールサッカー教室として活動が始まり2016年に設立されたKosmos FC。国際ジュニアサッカーチームとして活動をしている。指導は英語と日本語、選手のほとんどは英語を母国語としているか、バイリンガル英語と日本語、またはフランス語や韓国語など、様々な言語を話せる子供たちが国際交流できるユニークなチーム。Kosmos はギリシャ語で「完全なるシステム」を意味するという。Kosmos FC は京都の国際コミニュティと地域の方々がサッカーという楽しいスポーツを通し異文化の理解に貢献するという理念を抱いております。またサッカーの育成、英語教育、そしてヨガにも取り入りいれ、Spirit, Body and Mindという教育メセッド をKosmos FCの独自の指導法としている。 In 2013, Kosmos FC started as an after school program at Kyoto International School. In 2016, Kosmos FC began its operations as an International youth soccer team. Lessons are conducted mainly in English with some Japanese to assist non-English speakers. A variety of language speakers comprise our team, including English, French, Korean, and other bilingual speakers. Our aim is to bring the international community of Kyoto together with the local community through the sport of soccer while contributing to the mutual understanding of different cultures. Furthermore, we incorporate a Spirit, Body, and Mind educational approach that is unique to our club. We also provide professional soccer training with an emphasis on English education for our Japanese speaking players. We also practice yoga so that our players achieve a better understanding of their bodies and for overall health.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。