〜 女子サッカー大学チャンピオンシップ〜

〜 女子サッカー大学チャンピオンシップ〜

1兆ドル大学 vs マイケルジョーダンの母校

2019 年のNCAA Division One(アメリカ大学1部)の女子のチャンピオンがStandford University (スタンフォード大学)に決定しました。

決勝ではUniversity of North Carolina at Chapel Hill(ノースケオライナ大学) との戦い。0-0に終わった試合はPK 戦の末Standford University が3度目の全米チャンピオンをなりました。

今回はこの二つの大学の紹介をしていきたいと思います。

Stanford 大学

アメリカの超エリート大学、アメリカの西海岸サンフランシスコ周辺にある大学。2019年の世界大学ランキングでは3位となり、かなりのエリート大学です。

https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2019/world-ranking#survey-answer

入学率は5%。100人中5名しか選ばれない確率です。ちなみに京大の入学率は37%です。

その中から学業が超優秀でサッカーもずば抜けてる考えたら、いったいどのような人間がStandford に通っているのでしょう?

起業家大学?

スタンフォード大学はSillicon Valley (シリコンバーリー)を作り上げた大学です。これまでも大学と企業の連携で多数のスタートアップ(起業)を生み出しており、その収益は一兆円とのことです。Standford から発進された代表的な会社はAlphabet inc、Googleの親会社とNIKE。

まさに今ビジネスのリーダーシップを取っている会社の設立者はこのStanford 大学からの人間である。サッカー部の男子と女子もここ数年全米制覇しており、何かとした、Winners(勝者)のノウハウがあるのかもしれないですね。

University of North Carolina at Chapel Hill 大学

NBAのレジンドと知られているMicheal Jordanの母校として有名な大学。しかし、女子サッカー部はアメリカサッカー界のレアルマドリード。圧倒的な強さで1986ー1994年連続で全米を制した超エリートサッカー大学だ!その中でもMia Hammという選手はアメリカサッカー界の中でも有名な選手の1人。1999年の女子アメリカワールドカップ優勝メンバーでもあり、アメリカ女子サッカー界のカリスマ的な存在で多くの少女達のロールモデルだ。

学業ではStanford のレベルには及ばないが、医療関係の学問では全米トップレベル。また、国立大学では、優秀な大学であり、人気がある大学のため入学率はあまり高くない。

学業とサッカーのトップレベルの女子アメリカサッカー

アメリカの大学生活は大変です。多くの時間は勉強に覆われて過ごす学生は多いです。日本は大学に入るまでは忙しくて、大学に入るのは難しい、という印象が強いです。そして、大学に入るとゴールを達成してしまった日本の学生は勉強をしないといいます。

アメリカは大学に入ってからかなりの時間を勉強にかけます。そして、その中でも学業とスポーツを両立するとなれば、ますます大変です。私も学生の頃はクラス、テスト勉強、サッカーという生活で遊ぶ暇はなかったです。

今、アメリカ女子サッカーは世界1といってもいいでしょう、最近は女子プロリーグの観客席も増えてきて、ますます発達してきてます。男子サッカーでいうと、女子のアメリカは男子のブラジル的な存在かもしれませんね。アメリカや日本がサッカー界でトップにあることの一つの要因は大学サッカーの存在が大きいとも考えられます。プロ化が男子よりも遅れている女子サッカーはこの大学リーグの存在によって多くのスター選手を作りだしてきたでしょう。

以上がアメリカ女子大学の決勝戦のハイライトです。

_

投稿者: Educator and Coach. 教育者とコーチ

教育者・コーチ アメリカと日本で育ち、アメリカ大学卒業後日本でプロを目指しJFLで挑戦。 その後、指導者として、Kosmos FC を設立。 http://www.kosmosfckyoto.com アメリカサッカー大学留学の代理人として、株式会社NOACASTLE のゼロゼロアメリカ大学サッカー留学の関西担当。 https://www.teamnaocastle.com/ Kosmos FC International soccer club Founder 代表者 2013年にKyoto International Schoolのアフタースクールサッカー教室として活動が始まり2016年に設立されたKosmos FC。国際ジュニアサッカーチームとして活動をしている。指導は英語と日本語、選手のほとんどは英語を母国語としているか、バイリンガル英語と日本語、またはフランス語や韓国語など、様々な言語を話せる子供たちが国際交流できるユニークなチーム。Kosmos はギリシャ語で「完全なるシステム」を意味するという。Kosmos FC は京都の国際コミニュティと地域の方々がサッカーという楽しいスポーツを通し異文化の理解に貢献するという理念を抱いております。またサッカーの育成、英語教育、そしてヨガにも取り入りいれ、Spirit, Body and Mindという教育メセッド をKosmos FCの独自の指導法としている。 In 2013, Kosmos FC started as an after school program at Kyoto International School. In 2016, Kosmos FC began its operations as an International youth soccer team. Lessons are conducted mainly in English with some Japanese to assist non-English speakers. A variety of language speakers comprise our team, including English, French, Korean, and other bilingual speakers. Our aim is to bring the international community of Kyoto together with the local community through the sport of soccer while contributing to the mutual understanding of different cultures. Furthermore, we incorporate a Spirit, Body, and Mind educational approach that is unique to our club. We also provide professional soccer training with an emphasis on English education for our Japanese speaking players. We also practice yoga so that our players achieve a better understanding of their bodies and for overall health.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。