アメリカ大学2部リーグ ~ 日本人が活躍できるリーグ?

今回はNCAA division 2の GNACリーグに注目してみます。

NCAA (アメリカ大学スポーツ連盟) では 3つのカテゴリーに分けられてます。

Division 1 (D1)

Division 2 (D2)

Division 3 (D3)

D1 と D2 はスカラーシップがもらえる制度があります。スカラーシップとは返金不要の奨学金です。日本での特待生のことです。

優秀な選手たちには学費と生活費をも免除してくれる制度で世界的にもユニークなシステムです。

もちろんD1の大学のほうが資金力があり、もっとお金を出せることができます。

今回はその2部のリーグの中のGNAC (Great Northwest Athletic Conference) を紹介します。GNACはカナダ、ワシントン州、オレゴン州、モンタナ州にある大学が主に所属するチームです。

Western Washington University

Simone Fraser University

Montana State- Billings

St. Martins University

Cancordia University

Seattle Pacific University

Northwest Nazaren University

以上7チームによって形成されているリーグです。

この中でもSimone Fraser をみてみると過去には全米のD2ランキングで一位を獲得した経験もある。Seattle Pacific は過去にはNCAA D2 の優勝経験があり、アメリカ代表のゴールキーパーなど、実力のある選手を輩出している大学です。ここ数年はWestern Washington が全米のランキングでTop 25に入るなど、GNACのレベルはそこそこD2の中では高いのではないのかと考えられるます。

レベルはどうなのか?

D1に比べると高くない。まづは選手の質です。トップの選手はD1を選ぶ選手が多いと考えられるます。もちろん、プロなどを目指す選手はD1の方がレベルが高いですから、より良い環境を選ぶでしょう。そして、資金あるD1はそれだけいい選手を獲得します。そのため、D2にもたまにD1の大学にスカウトされなかった選手や、活躍の場を求め、D2で優秀な選手がいる場合もあります。中にはD2からプロに進んだ選手もいて、レベルは各チームによることが多いと思います。とくにアメリカの州にD1の大学が少ない場合はD2のチームの質も高い場合があります。

D2は技術面、戦術面、身体能力面では悪くはないと思います。しっかりとサッカーの形ができている。ただ、プレースピード、判断力、高度な戦術論などではまだ「ヌルい」感じがあります。プロでやりたい選手などはD2で少数派のため、向上心が高い選手は少ない方です。

年々アメリカのサッカーレベルは上がってきてます。若くて優秀な選手はヨーロッパのビッグクラブでも活躍しています。アメリカの全体のレベルが上がってきてるとも言っていいでしょう。

しかし、D2ではまだまだサッカーのレベルは高くないと思います。私の経験からすると、10年前などはアスレチック能力が重視されていて、走る練習などが多くて、陸上選手並みのトレーニングが多かった記憶があります。サッカーの本質を指導していたよりかは、どのように「アスリート力」をあげられるか?を探究していた感じです。

私が、アメリカ大学後、JFLのチームに所属していた頃、チーム内で関西大学選抜レベルの選手らと練習していて、圧倒にサッカーの質の違いを感じました。その後も社会人の府リーグを経験しましたけど、NCAA D2は 府リーグ1部のレベルに達していると感じます。

そのため、日本人の選手にとっては大活躍できるリーグと思います。高校サッカーでAチームで活躍がなかった選手らは特にこのリーグがおススメです。日本人選手は戦術面ではD2の選手より優れており、サッカーIQも多くのD1の大学で通用できます。そして、D2の奨学金とD1の奨学金制度はほぼ同じです。だから、スカーラーシップ(奨学金返済不要制度)を得ることの可能性は高いです。

アメリカサッカー2部のハイライトGNACリーグ

投稿者: Educator and Coach. 教育者とコーチ

教育者・コーチ アメリカと日本で育ち、アメリカ大学卒業後日本でプロを目指しJFLで挑戦。 その後、指導者として、Kosmos FC を設立。 http://www.kosmosfckyoto.com アメリカサッカー大学留学の代理人として、株式会社NOACASTLE のゼロゼロアメリカ大学サッカー留学の関西担当。 https://www.teamnaocastle.com/ Kosmos FC International soccer club Founder 代表者 2013年にKyoto International Schoolのアフタースクールサッカー教室として活動が始まり2016年に設立されたKosmos FC。国際ジュニアサッカーチームとして活動をしている。指導は英語と日本語、選手のほとんどは英語を母国語としているか、バイリンガル英語と日本語、またはフランス語や韓国語など、様々な言語を話せる子供たちが国際交流できるユニークなチーム。Kosmos はギリシャ語で「完全なるシステム」を意味するという。Kosmos FC は京都の国際コミニュティと地域の方々がサッカーという楽しいスポーツを通し異文化の理解に貢献するという理念を抱いております。またサッカーの育成、英語教育、そしてヨガにも取り入りいれ、Spirit, Body and Mindという教育メセッド をKosmos FCの独自の指導法としている。 In 2013, Kosmos FC started as an after school program at Kyoto International School. In 2016, Kosmos FC began its operations as an International youth soccer team. Lessons are conducted mainly in English with some Japanese to assist non-English speakers. A variety of language speakers comprise our team, including English, French, Korean, and other bilingual speakers. Our aim is to bring the international community of Kyoto together with the local community through the sport of soccer while contributing to the mutual understanding of different cultures. Furthermore, we incorporate a Spirit, Body, and Mind educational approach that is unique to our club. We also provide professional soccer training with an emphasis on English education for our Japanese speaking players. We also practice yoga so that our players achieve a better understanding of their bodies and for overall health.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。